FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会って5秒でキス… 2

前回までの日記はこちら
⇒出会って5秒でキス… 1


彼女と出会ってからキスまでわずかに5秒………

唇を重ねて、そのまま舌を絡ませる…


「ん…ん…


もちろん彼女は拒否しない。

なぜならこれは彼女が望んだことだから☆

彼女の眼はとろんとなり、うっとりした表情で私にもたれかかる…

くちゅ…くちゅ…

いきなり長い時間のディープキス…

もう彼女は私に身をまかせている。

事前に話してたように、すでに濡れているのだろうか…


ならば無駄な時間はない。

すぐに車を走らせ、近くのホテルへ入った。

エレベーターに乗ると、キス…

部屋に入ってもキス…

連続する私のキス攻撃に、彼女はドキドキしっぱなし…


ここまで、出会ってからわずかに10分。

こんなスピーディな展開、彼女はもちろん初めてだろう。

緊張気味の様子なのはムリもない。

ドキドキしっぱなしなんだろう…

しかし2人とも興奮して、はやくお互いを求め合いたい…

荷物を置いて、さっそくベッドへ…☆


再び唇を重ねると、今度は舌を彼女の耳へ…

耳から肩、胸へとナメていく…

ブラをはずし、おっぱいと対面だ…


「ホラ、おっぱいをよく見せてもらうよ~


「恥ずかしい…


「ダメだ!!よく見せろ!!


ちょっとドSな雰囲気で攻めてみる…☆

私は彼女がドMだと会う前から見抜いてた。

ドSな態度や言葉責めが彼女の好みだとわかってたので、

あえて羞恥心をあおるように責めてみた♪

そして乳首に吸い尽くと、


「あぁ~っ!!


と声が大きくなる。

彼女の全身をゆっくりと愛撫したあと、

下着の上から彼女の秘部をくりくりいじる…

セクシーで可愛らしい下着は、勝負下着のようだ☆

バッチリ決めたメイク…

微かに香る香水…

好みに合わせたファッション…

すべてが私との時間のために準備してくれたんだね…♪

そうなると私もうれしくなっちゃう…

それなら私も期待に応えたい…

彼女をいっぱい気持ちよくさせてやりたい…


右手で彼女のクリをいじりながら、顔を見つめてのキス…


「ほら、ここが気持ちいいんだね…?よく見せろっ!!


「あぁっ…恥ずかしい…


くりくりくり…


「気持ち良かったら、ちゃんと言いな?」


「気持ちいい…気持ちいいです…


「よし、よく言えたね…じゃあご褒美にたくさん舐めてやる…


彼女の脚をガバッと広げ、焦らように回りからナメる…

太もも…内股…とだんだん近づいていき、

ぐちゅっとクリを吸い尽くす…


「あぁあ~…あぁ~


彼女の声は一段と大きくなり、激しく感じている…

れろれろれろ…

くちゅくちゅ…

ジュボジュボ…

彼女の反応を見ながら、色んなナメ技を駆使してみる…


「あぁっ、気持ちいい…


そうか…これがいいんだな…

くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ…


「あぁっ、イッちゃう…イッちゃう~…


びくっびくっ…


彼女は私にナメられて、あっさりイッてしまった…

興奮しまくってたからすごく感じちゃったんだね~☆


今度は彼女が上になってナメてもらう…

だがまだ男の責め方をよく知らない彼女。


「そうか…まだよく知らないんだね☆じゃあこれからしっかり

教えてやるから、ちゃんとナメるんだよ…」


「はい…お願いします…


私が優しくリードして、全身をゆっくりナメ回してもらう…

ちゅぱちゅぱ…とゆっくりフェラ…


「どうだ?オレのオチンチンの味は…?」


「健さんのオチンチン…美味しいです…


よし、よく言えたね…☆

どうやらこんな淫語を言わされちゃうのも興奮するようだね…♪


そこからシックスナインに移行すると…


「恥ずかしい…


どうやらシックスナインは初めてのようす…

じゃあ、初めての刺激を味わってもらおうか…

横になって、側位でお互いにナメあう…

くちゅくちゅ…


「あぁっ、あぁ~…


「ホラ、ちゃんとお口を動かして…」


「んんっ…んんんっ…


よーし、いい頃合いだ…

仰向けの彼女の足を広げ、ゴムを装着した私のモノをこすりつける…


「入れて下さいは!?」


「い…入れて下さい…


「どこに…?」


「おまんこに入れて下さい…


「よ~し、いい子だ☆」


スルッ、と挿入…


「あぁああ~っ!!


ズンズンズン…


突くたびに、いい反応で喘ぎ声をあげる…


「オレとSEXできてうれしいか…?」


「はい…健さんと…SEXできてうれしいです…


「よーし…じゃあご褒美にいっぱい突いてやるか


ズッズッズッ、とピストンを速くして突きまくる…


「あぁっ、ああぁあ~


彼女の喘ぎ声は止まらない…

対面座位のあと再び正常位で猛ピストン…

そして2人、抱き合ったまま…


「よしっ、イクぞっ!!


どっくん、どっくん…



こうして出会ったばかりの2人が、

出会ってわずか5秒でキスをして、

10分でSEXにまで至るという、

歴史的な速さを記録した……


《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。