FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やだ、見ないで~!! 1

普段はクールな男性なのに、ベッドの上では熱くなる…

普段はツンツンなお姉さんが、急にデレッと甘えてくる…

そんなシチュエーションってドキッ…としませんか!?

今回の話は、そんな「ギャップ」がテーマです☆



今回の主人公は、専門学生の18歳の彼女。

彼女は男性経験が1人しかなく、まだえっちで気持ちいいと思ったことがない…

自分に全く自信がない、恥ずかしがり屋さんだ。

そんな彼女が、私のブログを読んでメールをくれた。

しかしメールでちょっとえっちな話を振ると、


「スッゴい恥ずかしい!照れるっ!!(>_<)」

と言うし、

「ホントに私なんかでいいの…?

…って感じで、自信がないのがわかった。



そんな彼女をデートに誘った

待ち合わせの場所にて、初めて彼女と会った時…

私の好みにあわせたようなファッションや、

少し濃いめのメイクなど、

それらに彼女の「気合い」を感じた…☆

彼女はすごく緊張してたようだが、

私と会うのを非常に楽しみにしててくれた…


ちょっとオシャレな店に行って、パスタを食べた☆

私は初対面でも打ち解けやすいタイプだし、

楽しい話題で私がリードしてあげる。

少しずつ緊張がほぐれてくる彼女…

私の話には合わせてくるし、私に好かれたいんだなという気持ちが伝わってきた…

その気持ちがうれしかった

私と会えることを楽しみにし…

ドキドキした期待をしている…


食事が終わり、駐車場に向かう途中、

サッと彼女の手を引いて、物陰にかくれると、

そこで彼女にキスをした…

強引に唇をうばうと、彼女はちょっと驚いたが、

そのまま目をつぶって私に身を任せた…

すごくドキドキしてるのがわかる…

ラブホに誘うと、


「健さんが行きたいなら…いいょっ



彼女もこうなることを心のどこかで期待してたのか…

私の車で近くのラブホに向かった。

部屋に入ると、まず私が先にシャワーを浴びた。

私は、男が先にシャワーを浴びるほうがいいと思ってる。

男が先にシャワーに入れば自然な流れとなるし、

女の子は待ってる間に色々と部屋を物色できる。

先に入っておけば、女の子がシャワーしてる時に、

「一緒に入ろっか」とか言って迫られる心配もないわけだ☆

(いきなりコレをやると、たいがいの女の子はひく)

女の子のシャワーの間に、部屋の照明を暗くして、いいムードにも持っていけるしね♪



「シャワー浴びる?」

私がシャワーから出て、彼女に聞いた。


「どっちでもいい…」


普通、女の子はえっちの前はシャワーを浴びたがる…

特に始めての相手の場合、少しでもカラダをキレイにしておきたい…

という女の子なりの心理があるから。

でもこの場合…

どうするべきか…


答えは……



とっとと始めちゃうこと


出会ったばかりのその日のうちにラブホに来ちゃって、

彼女はすごくドキドキしてる…

もちろんこの後なにをするのか彼女もわかってるし、覚悟してるけど、

やっぱり緊張しちゃう…

多分いくら会話しても緊張は抜けないだろう…

ここまで来たら時間をかけるほうが無粋だ…

シャワーを気にしないんなら、それでもいい…


私は彼女のカラダをサッと抱え、

いわゆる「お姫さま抱っこ」でベッドへ運んだ☆


「重いよ~(>_<)

と彼女は遠慮がちだが、大丈夫~♪

私はたいがいの女性なら持ち上げられる

ベッドで彼女を寝かせると、私も横に寝そべって、

彼女の唇に再びキスをした……




《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。