FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのカーSEX 2

前回までの日記はコチラ☆
⇒初めてのカーSEX 1



食事も終わって店を出ると、

彼女に聞いてみました。


「これからどーする?」

「ん~、なんかもうちょっと…話したいな~

彼女がこういうので、私の車でドライブすることに☆

彼女が中学校のほうまで行きたいというので、

彼女の出身中学の駐車場あたりまで移動した。


そこは人通りは全くない場所で、

あたり田んぼばかりで、夜中ですから真っ暗…。

静かな空間に2人っきり…


さっき買ってきたお菓子やジュースを飲みながら、

車の中でまたエロい話で盛り上がってた。


「前にえっちした男でね~、チ○コの裏スジが切れた奴がいたの~!!

えっちした後になんか血が出ててね~見たらチ○コから血が出てたの!!(笑)」


「オイオイ、どんだけ締まりがいいんだ~(笑)その男も悲惨やな~…痛そ~!!

なんだかお互いのエロ自慢みたいな感じになったのだが、

話も出尽くして、一段落すると…


「ふぅ~っ


つかれたのでしょうか。

彼女はシートを倒して横になり、

目を閉じて休憩してる…。


…シーン…



一転して静かなムード


アレ…?

なんだ、この雰囲気…(-_-;)


私はこの時はじめて怪しい空気を感じた

すでに深夜であたりは真っ暗…

人通りもなく、2人っきりの車の中…

明らかにしてくださいと言わんばかりの状況…


彼女はその気なのか?

私にヤラれてもいいと思ってんのか?

ヤラれても仕方のない雰囲気だしな…

どーしよう…?


なんだかヤラんと収集つかん雰囲気…

据え膳食わぬは男の恥だしな…

どーやってヤッちゃおう…?


確かさっき、店長に胸さわられたとか言ってたな…

さわられたけど拒否らなかった…

ダメもとでイチかバチか行くか…



横になった彼女の胸に2つの丘が盛り上がってる。

私は彼女の胸にポン、と手を置いた。


「おい、大丈夫~?つかれた~?」


と言いつつ…服の上から胸を揉んだ。


彼女は拒否ることなく、そのまま…


モミモミ…


「ん~、やわらかいね~


と言うと、彼女もフツーに…


「でしょ~!?」

と返す。


モミモミモミモミモミモミモミ…


そのまま揉み続けてたら…


「いつまで触ってるの!?


ちょっと怒り気味に言う彼女。

だが嫌がってる口調でなく…

手で拒む様子もない…。


「あぁ、そうだね…」

私はあっさりと胸から手を離した…


と同時に、彼女の胸元をガッと下げ、乳首を出した。


「じゃあ、吸っちゃお


(^з^)チュッ


「アッ…!!


彼女の声がもれた。

突然の早ワザ…私の奇襲攻撃に、

彼女は抵抗するひまもなく、乳首をなめられた…


くちゅくちゅくちゅくちゅ…


なめ続ける私に彼女が言った。


「ねぇ…感じちゃうから、やめょ~ょ…?(>_<)」


明らかに力のない声。

てか、感じちゃうから…なんてのは言い訳になってない(笑)

しかし私は…


「あぁ、わかった」


素直に乳首から唇をはなした…


と思った瞬間、今度は左の胸をガッとずり下げ…、


「じゃ、こっちも


左の乳首に吸い付いた…





「アンッ



その瞬間、明らかに感じた声が。


この声で、一気に私のハートに火がついた……




 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。