FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニックな関係 1

今回のお話は、私の過去の恋愛話です☆

ちょっとだけエロありの全5話です。



5~6年前の事なんですが、

当時、私はとある飲食店で働いてました。

お酒も飲める創作系料理屋みたいなお店でした。

私はホール主任として接客を担当してました。


その日も忙しく…バタバタとお客さんを相手にしてたのですが、

2人組の女性客がカウンターでお酒を飲んでました。

20代半ばの愛想のいいお客さんで…

ふと、私を呼び止めると、


「スイマセン、赤鉛筆を貸して下さ~い」



え…?赤鉛筆…?

なんでそんなの注文すんの?

何に使うのかよくわからないけど、とりあえず赤鉛筆を渡しました。


そして…

その女性客2人がお支払いをして帰ろうとした時。

私がレジを打って精算してました。


「○○○○円になります。」


「ハイ。」


その女性がお金を支払うのと同時に、

カウンターに小さな紙切れを置いた。


……?

レシートのゴミかな?と思って手を伸ばすと…


その女性は、バン!と紙切れを手で押さえ、

サッと手前(私の方)へ差し出すようにすると、

そのままサッサと早足で立ち去った。


カウンターには紙切れが置かれたまま…


な、何だったんだ…!?


私は紙切れを手に取って、

中を広げてみると、

そこには…



「○○子 090-####-#### ****@ドコモ.ne.jp」


赤鉛筆で文字が書かれていた…



こ、これは…!!


そうか…赤鉛筆はこのためだったのか…!!


びっくりした…


ドキドキした


コレはさすがに始めての経験だった☆

もちろん…

めっちゃうれしい


その日、お店は忙しかったけど、

テンションは上がり、忙しいのも苦にならなかった。


仕事を終えた後、そのアドレスにメールした…。


「こんばんは☆今日は来店ありがとうございます 飛藤 健」


こんな感じのメールを送った。

そしたら…

すぐに返信がきた。


「突然こんなの渡して、迷惑じゃなかったですか?」



みたいな内容だった。

そのままメールでやり取りを続け、色々と話をした。


彼女は24歳。

老人福祉介護の仕事をしてた。

私の事が気になって、メモをくれたのだと言う…


私もその時、ちょうど彼女はいなかった。


そして…


後日、彼女と会う約束をしました。



ドキドキの恋の予感がした……



   《続く》



ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。