FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女目線の体験談 5

前回までの日記はこちら
⇒彼女目線の体験談 1
⇒彼女目線の体験談 2
⇒彼女目線の体験談 3
⇒彼女目線の体験談 4

えっちが終わって…

彼に腕まくらしてもらって、密着した

ぴったりくっつけるのって安心するよね

すごく幸せな気分…(*´∀`*)



裸のまましばらくイチャイチャしてたら、

テンション上がっちゃって、

そのまま2回戦へ……(〃▽〃)



乳首に触れないようにゆっくり胸を舐められて…


触れるか触れないかのソフトタッチで背中を撫でられて…


お腹、太もも、内股を焦らすように撫でられて…


すっかりトロトロになってしまった私のアソコに指が入ってきた


彼の指が私の中でいっぱい動いている


今まで触れられたことないところまで入ってくる


さっき2回も中でイカされてすごく敏感になってたから…



すぐにイッてしまった…



さらにまた膝立ちになって、中をぐちゃぐちゃに掻き回されて、


再び潮吹きさせられた…


今度は自分でもはっきりわかるくらいいっぱい吹いちゃった…


彼のモノをお口でおっきくしたら、

また入れてもらった


今度は何の抵抗もなくすんなり入った


ここから先は、はっきり思い出せない…


最初の時よりもたくさんの体位を試した気がする


体位を変える度に何度もイカされて…、


膝が立たなくなって崩れ落ちた状態でまた入れられて…


いっぱいえっちな言葉で責められて…


導かれるまま、私もえっちな言葉を言わされた

というか言ってしまった…


「やぁあ、すごいよぅ~


「イッちゃう、イッちゃう~


「もっといっぱい、えっちなことして下さぃ…」



他にもいろいろえっちなこと言っちゃった気がする…(*/□\*)



そして彼も…、

私の中でイッてくれた



いっぱいイカされて、ぐったりしちゃった私


彼の背中は、滴るほどの汗でぐっしょりだった


こんなになるまで全力で抱いてくれたんだって思うと、

すごく嬉しかった(〃▽〃)



いっぱい汗かいちゃったから、一緒にシャワーを浴びることにした


彼の体をスポンジで洗う

おっきな背中、

太い腕、

さっきまで薄暗い部屋だったから、ちゃんと体を見たのはこれが初めて


あ、でも…

てことは、私の体もしっかり見られちゃう…(゜o゜)


恥ずかしいけど、
さっきまでいっぱい恥ずかしいことしてたから、

気にしてもしょうがないよね(笑)


彼の体を洗い終えて、今度は私の体を洗ってもらう


なんか、真ん中がぱっくり空いてるヘンな椅子で、座りにくい…

背中を洗ってもらいながら、

(誰かに体を洗ってもらうなんて何年ぶりだろう…)

って考えてたら…


彼の手が前に伸びてきて、

胸をうしろから鷲掴みにされた


おっぱい洗ってるの…?

それとも揉んでるの…?(^^;)


そのまま、ずっとゆっくり揉まれ続けてしまい、


泡だらけの手で乳首を摘まれて、えっちな声が出ちゃった


椅子が不安定だから落ちそうになって逃げられない…


「椅子から落ちちゃうよ~」


って抗議したら、

ぱっくりと真ん中が空いた椅子に手を入れられて…


あわあわで、あそこをいじられた


「この椅子はこう使うんだよ~」


と教えられました


すけべ椅子って言うんだってね…(*´д`*)


全身隅々まで綺麗に洗ってもらった後、

立ったままくっついて抱き合った


泡だらけで密着すると、気持ちいい


立ったままバスタブに掴まってたら…


後ろからズブッて…


入れられちゃった


でも、足の裏まで泡が付いてるから、滑っちゃう…


これはさすがに中断してもらった(笑)


続きはお風呂出てからにしよう…



 《最終回に続く》

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。