FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女目線の体験談 2

前回までの日記はこちら
⇒彼女目線の体験談 1

いよいよ彼と結ばれる…

嬉しいのに、ドキドキしてなかなか素直になれない私(>_<。)

それでも彼は、ベッドの上で優しくいっぱいkissしてくれた

ああ、でも…

こんな明るい部屋じゃ、恥ずかしすぎる…ッ(>_<)


彼に伝えて部屋を暗くしてもらった

私のえっちな姿いっぱい見てもらうって約束したのに…
わがまま言っちゃった(>_<)

でも、部屋が暗くなったおかげで、一気に緊張がとけた


彼が私に触れる度、えっちな声が漏れちゃう

私の耳に、

首筋に、

胸に、

彼の唇が触れる


ゆっくり、ゆっくり、脱がされていく

そのまま、全部脱がされちゃうんだと思ったら…

彼の指が、私の下着の上で止まった



「このまま5分間いじってあげる



ゆっくり縦になぞられる

それだけで、えっちな声が漏れた

彼はその声を「かわいい」と言ってくれた

それから胸にもkiss

思わず仰け反っちゃう…(*´д`*)


だって…
彼の舌使いすごいんだもん(〃▽〃)

彼の口の中で私の乳首が弄ばれてる

どうやったらこんなに優しく激しい動きができるんだろう

あぁ…

この舌が、今、指でいじられてるところに触れたら、どうなっちゃうんだろう…


上半身は裸、下半身は下着とニーソックス

下着の上からいじられながら

胸にいっぱいkissされて…

もう、我慢できなくなっちゃう…(>_<)

そう思った時、下着が脱がされた


彼に私の一番恥ずかしいところを見られちゃう…

本当に恥ずかしくて、隠したいって気持ちと、

もっと気持ちいいことしてほしいって気持ちが交錯して…


「恥ずかしい…」


と言いながらも抵抗できずに

彼の目の前に全てを晒してしまう


「いい子だね


彼の指が直に私のアソコに触れる

彼の舌が…

ここから先はもう、

気持ちよすぎて何をされたのか覚えてない


彼の舌で…



私は初めてイッた




   《続く》

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。