FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの中心で愛を叫ぶ 7

前回までの日記はこちら
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 1
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 2
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 3
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 4
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 5
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 6


私は再び彼女との連絡手段を失った


そして…


これ以降 彼女と連絡が取れることは2度となかった


私がA子からアク禁されて1ヶ月もたたないうち…


今度は私のmixiアカウントが消されてしまった


私の日記は過激なので これまで何度も削除されたことがあった


すぐさま再び登録して復活したのだが…


メッセのやり取りもデータも全て消えた


彼女は復活した私のアカウントを見つけてくれただろうか?


彼女は再び私の日記を見に来てくれてるだろうか?


もう 全くわからなくなった


彼女との関係は これで完全に 終わってしまった



しかし…


あのデータだけは保存しておいた


彼女の「詩」


画像を携帯の画面メモに保存しておいたのだ


彼女と連絡が取れなくなっても この「詩」だけは毎日眺めていた


ツラい時や落ち込んだ時 これを見て励まされた


彼女に見られてると思うと この程度で落ち込んでられるか…


自分なんかよりずっとツラい状況で頑張る彼女のことを考えると 勇気がわいた


この「詩」はずっと私の心の支えだった


それからも 時々だけど彼女の携帯に着信をかけてみた


コールはするけど当然誰も出ない…


だが コールが鳴るだけでまだ彼女と繋がってる気がした…


携帯が解約されてないのなら 彼女はまだ生きているのかも…


そんな希望を胸に…


いつか彼女が気付いてくれることを願った


しかし…

半年が過ぎ…

一年が過ぎ…


何かのきっかけで彼女と連絡が取れないかと待ち続けたが…


ついに彼女から連絡が来ることはなかった


2年前の1月15日


この日は彼女の誕生日だった


思い立って電話をかけてみたら…




「この電話番号は現在使われておりません」




ついに… 電話が繋がらなくなった…


彼女は

もう

こ の 世 に い な い の か …





生きていれば今年で28か29歳だったはず…


彼女がどうなったのか…


彼女の母親もどうなったのか…


私にはもう 知るすべがなかった


彼女には肝心なことは何1つ伝えれなかった


初めて写メを見た時 すごくカワイイと思ってたこと


(こんなカワイイ子が私のことを…?)


すごくドキドキして胸が高鳴った


彼女はあれほど私のことを慕ってくれたのに…


「好きだ」とも「付き合おう」とも言ってない…


会ってもいない時点では どうしてもそこまで言えなかった


言うのなら 会った時にと思ってた


ついに彼女と会うことは叶わなかった


この日記ももっとはやく書くべきだったと後悔している


彼女がまだ日記を見てるうちに書けばよかった


私の気持ちを伝えることが出来たのに…


どうしてもウマく話をまとめれ切れずに遅くなった


あれからもう 2年以上が経ってしまった…



そしてあの「詩」も携帯を機種変した際に 失われてしまった…


画面メモのデータがどうしても移せなかったのだ…


これだけはどうしても残しておきたかったが…非常に残念だった


伝えられなかった気持ちを伝えたくて この日記を書いた


もしかしたら美優を知る人間がこの日記を見て


私に連絡をくれないかな…?


と秘かに期待している


彼女は

いまも

どこかで

この日記を見てくれてるかな…?


もし彼女と会えてたら…


真剣に付き合ったかもしれないし


関東までお見舞いに行こうと思った時には…


彼女にプロポーズしてやろうかとも考えた




そしてこの日記は…


彼女本人の許可を得て書いたモノではない


読めば分かるとおり 彼女に許可を取れるワケがない


ただし…


前回のように本人が読んでも泣かないよう…


本人が読んだら私の気持ちが伝わるよう…


細心の注意を払って書いたつもり


彼女がコレを読んだら…


喜んでくれると信じたい


「何をいまさら…」

「もう遅すぎるよ」


たぶん彼女にはこう言われるかもしれない



美優… キミは自分のことを忘れてくれと言ったが…


悪いけどそれだけは守れそうもない


キミは私の心の中で永遠に生き続けるんだ


―私は彼女のことを一生忘れない―



この日記は 彼女ただ1人に向けて書いた特別な日記だ


これまで私がネットで知り合った中で…


私が最も会いたいと願い…


そして会えなかった彼女との…


哀しく切ない実話だ


―この日記が彼女に届くと信じて―




いまも 彼女は 天国で この日記を読んでいると 信じたい




~この話を彼女に捧げる~




 《終わり》

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。