FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの中心で愛を叫ぶ 6

前回までの日記はこちら
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 1
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 2
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 3
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 4
⇒ネットの中心で愛を叫ぶ 5


彼女に会いたい!!


私がメッセージを送ると A子からの返信の中に

彼女本人からのメッセージがあった





「お兄ちゃん 久しぶりだね

美優 日記を見てて悲しくなっちゃった…

でも お兄ちゃん元気そうでよかった…

美優 もう長くないんだ。

だからお兄ちゃんにはもう会えないけど お兄ちゃんも美優のことはもう忘れて下さい。

お兄ちゃんはどうか幸せになってね…










こんなん…

納得できるかー!!!!



ふざけんなよバカ…!!


美優 お前にゃ言いたいことが山ほどあるんだ…!!


なんで…教えてくれなかったんだ?


なんで…何も言わずに連絡を断った?


お前は俺に会いたくないのか…?


俺は会いたい!!


会って謝罪したいし 話もしたい!!


お見舞いに行きたいから 病院を教えてくれ!!




こんなメッセを送った


しかし…


美優本人から返事が来ることは もう2度となかった


代わりにA子が返信してくる



「美優は会いたくないと言ってるので 病院は教えられません」



私が色々と聞いても 返ってくるのはA子からの答えだけ


これは非常にもどかしかった…


私の質問に全てキチンと答えてくれるわけではない…


しょせんメッセやメールのやり取りでは限界がある


電話で直接話をしたいと言ったが拒否られた



おそらく美優は 病弱になった自分を私に見られたくないのだろう…


化粧もしてない オシャレもしてない 元気もない姿で会いたくない…


ましてそれが好きな相手ならば なおさらかと…


女心を察するにそんな心境ではなかろうか


彼女の心境を考えれば 私に病状を告げれなかったのも分かる


もう長くない なんて自分から言えない…


そんなことを言っても何にもならない…


ただ迷惑をかけるだけ…


どうせ会えないのなら 何も告げずに姿を消して

私のことは忘れてくれればいい…


心優しい彼女ならそんな風に考えたんじゃないかな…


しかし…


それじゃ私が納得できねーんだよ!!


ハイそうですか なんて言えるかー!!


残りわずかな時間しかないなら 悠長なことは言ってられん…


会いに行ったところで デートできるわけでもない


宿泊できるわけでもないし ただお見舞いするだけで終わりだろう…


彼女を傷つけたことを謝りたいし まだ会ってもいない彼女に一目会いたい…!!


たったそれだけのために 名古屋から関東まで会いに行くつもりだった


そしてもう1つ気になってたことがある


彼女の母親が認知症でずっと入院してることだ


入院費をかせぐため 風俗で働こうとまで言っていたのに…


彼女の母親はどうなってるんだ…!?


それをA子に尋ねると…



「美優はその事を一番心配しています

自分がいなくなったら たった1人残される母親のことが気がかりだと言ってます…

病院を退院して 自分が働くとまで言ってます…」





なんだと…!?


余命わずかの人間が 再び働くだって…!?


バカな…


てか そういう問題じゃないだろ…!?


彼女が母親思いで 一生懸命で 何とかしたいと言う気持ちは分かるが…


そんなんじゃ解決策にならんだろ…!?


なんとか出来ないものか…?


彼女は母子家庭だし他に頼れる大人もいない


何か力になれることはないのか…!?


何かいい策はないか…?


そうだ

こういうケースって…

介護保険とか福祉とか生活保護みたいな支援制度があるんじゃねぇ…!?


認定されれば毎月お金を貰えるんじゃないか…?


そう考えた私は公務員の知り合いに相談してみた


すると…


「そういうのは多分あると思うよ。

ただし自治体によって色々と異なるから、

まずは市役所とかに行って聞いてみたほうがいいよ。」


との答えだった


よし これだ…!


おそらくまだ若い彼女たちはこういう制度があることを知るまい…


自分たちの力でどうにもならないなら行政を利用すればいいんだ…


彼女が一番気がかりなことで 私が少しでも力になれたら…


そう思って A子へのメッセでこのことを伝えた


ところが…


A子からの反応は薄かった


と言うより 私の提案に対して何の返答もなかった


私の言うことなんか 全くアテにしてないのか…


前にも言ったが A子はまだ私を信用していない節がある


これにはさすがに私もちょっとムカついた…


人が真剣に彼女のために考えたのに 反応がないとはどういうことだ…!!


私は彼女の住所も母親の所在も知らないし 会えないのだから 動きたくても動けない…


もちろん彼女本人も入院中だから動けない…


頼めるのはキミ(A子)しかいない


キミは彼女のために何か行動したか!?


キミが本当に彼女の親友ならば 彼女のためを思うなら 動いてやってくれないか?


私はこんなにも真剣に彼女のために考えてるんだ…!!




こんな内容のメッセを送った


ハッキリ言って 強い口調で非難した


ムカついたのもあったし 私がどれだけ真剣かを訴えたかったから


しかし…


現実は残酷だった



このメッセを送った直後…




A子は私をアク禁にした…!!



私の言うことにA子はよほど腹が立ったのだろう…


もうA子からメッセが来ることは一切なく 私もA子にアクセス出来なくなった


信用できない男にそこまで言われたのが気に入らなかったのか…


ともかくA子はバッサリと私を切り捨てた…!!


しまった 言いすぎたか…


後悔したが 時すでに遅し


これで…


私は再び彼女との連絡手段を失ってしまった……




 《最終回に続く》

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。