FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAMUS~名もなきバンド物語7

前回までの日記はこちら
⇒CAMUS~名もなきバンド物語1
⇒CAMUS~名もなきバンド物語2
⇒CAMUS~名もなきバンド物語3
⇒CAMUS~名もなきバンド物語4
⇒CAMUS~名もなきバンド物語5
⇒CAMUS~名もなきバンド物語6


「おい、タカシの奴が死んだぞ…!!」


オレはマサシからの電話でそれを知った。


「は…!?ウソッ…!!」

「マジだって…アイツ自殺したらしいぞ…」


そんな…!!

何故…!?

そんな思いの中、マサシと2人でタカシの実家へ向かった。

実家では家族や親しい友人が集まって通夜が行われていた…。

タカシの母親は泣きはらしたのか…疲れきった表情だった。

死因は睡眠薬による中毒死だと教えてくれた。

遺書もなく、ハッキリした自殺原因もない…。

ただ、自殺未遂はこれまで2回もあったらしい…。

タカシの母は諦めきったように言った。

「睡眠薬ってね、多すぎても少なすぎてもダメなの…3回目でね、成功しちゃったの…」


あぁ、どれほど心配させ、迷惑をかけてきたことだろう…

最後まで迷惑をかけて自分勝手に逝きやがった…


前日まで普通に過ごしててカノジョと一緒に寝たのだが、夜中に睡眠薬を飲んで…

そのまま…眠りながら逝ったらしい…。

朝、カノジョが第一発見者だった。

ちなみにこのカノジョ…S美ちゃんは、オレが当時付きあってた彼女の親友。

オレがタカシに紹介した女の子だ。

タカシは数多くの女との遍歴があったが、S美ちゃんを「最後の女」と決めて愛していた。


「お前には感謝してる。マサシとS美と言う、オレにとって掛け替えのない2人を会わせてくれたんだからな…」

生前、タカシがオレに言った言葉だ。

共に喜び、共に楽しみ、時には怒り、憎んだりもした親友…

祖父母や親戚や知り合いの死はそれまでもあったが、

これほど親しい友の死はなかった…。


棺の中で眠っている青白いタカシの顔を見た時…


抑えてた涙が溢れて止まらなかった…



バカヤロウ…!!

何、勝手に死んでやがる…

生きてりゃもっと楽しい事があるだろうが…

テメエにゃ、言いたいことが山ほどあったんだ…!!

自分勝手なことばかりして迷惑かけてやがるんじゃねーよ…


バカだ…

テメエは大バカヤロウだ…





死に対して美意識を持っていたタカシ。

思い当たる節はいくつもあった。

タカシは尾崎豊に強い憧れを抱いていた。

若くして亡くなり、カリスマとなった尾崎。

オレも若くして死にたい…

歳をとって老けたくない…

よくタカシが口にしていた。



「ウダウダやってるヒマはねぇ!」というマンガをご存知だろうか?

当時チャンピオンにて連載されてた学園ヤンキーマンガ。

ウダヒマ


これにアマギンと言う美形の人気キャラがいた。

始めは敵として登場し、無鉄砲に暴れまくる奴で、

死をも恐れず無茶しまくったあげく、最期には銃で撃ち殺されてしまうキャラだ。

アマギン


タカシはこのアマギンにも強く憧れていた。

アマギンのようになりたいと言い、ファッションを真似たり、同じようなバイクに乗っていた。

アマギンが死んだ時なんかわざわざ雑誌を切り抜いてスクラップブックにして保存してた。

アマギンみたいな奴だった…。


尾崎豊にアマギン…分かる人には分かるだろうが、タカシの事を上手く説明するのは難しい…。

自殺願望のある人間を理解させるのは難しい。

オレもマサシもタカシがそういう奴だと知ってはいたが、考え方は最後まで理解できなかった…。


自分の美学の元には、命さえ要らんと言う究極のカッコつけ屋…

自分勝手で、わがままで、ナルシスト…

でも淋しがり屋で、オンナ好き…


オレは自殺を美化するつもりはない。

自殺したタカシの生き様は決して認めない。

自殺なんてゼッタイに肯定しねぇ…

勝手に死んでいったタカシ…お前は所詮、負け犬だ…

成功するんじゃなかったのか…!?

こんなとこでくたばってもお前の憧れたカリスマにはなれねぇぞ…!?


死んでカリスマになりたかったんなら、せめて成功してからにしやがれ…!!


悔しいか?

悔しかったら言い返してこいよ…

なんとか言えよ…

頼むから……






あれから10年以上が経った…。


タカシと付き合ったのはわずか2年ほどしかない。

たった2年だが、深く濃厚な時間を過ごした仲間…。

タカシの亡くなったのはちょうど梅雨のこの時季だった。

享年24歳。


タカシの命日には行ける限り墓参りに行った…。


寂しがり屋なアイツだから…

オレ達が行かないと忘れられちまいそうだから…


仲間だと思っているから…


マサシとは今でも仲のよい友人である。

最近はあまり連絡してないが、マサシとの縁が切れることはないだろう…。



もし、タカシの性格が違ってたら…

絶縁することがなければ…

オレたちの人生は変わってたかもしれない…。




たった2回ライブを演っただけの名もなきバンドの物語…。


音源もデータも失われ、今はもう曲を聞くことは出来ない…。



たった2枚だけ残ったあの時の写真がある…


最後にそれを公開して、この話を終わりにしたい。






ーこの話を永遠となった親友に捧げるー


F1140112.jpg
F1140111.jpg



《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。