FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜這い特集 2

前回までの日記はこちら
⇒夜這い特集 1


彼女の自宅にて…

真夜中、ふと目を覚ました私の横には

すやすやとよく眠る彼女が…

この時、私にムラムラとした感情が起こった……



そーっと布団をめくる…。


パジャマ姿のT子の全身が現れた。

ズボンに手をかける。

起きないように…静かに…

すーっとズボンをずらし、脱がせた…。

下半身はパンツのみ…。

さらにそのパンツを、すーっと脱がせる…

慎重に慎重に…刺激を少なくして、

そーっと、そーっと…

ついに下半身が露わになった…

しかし彼女は眠ったままだ☆


彼女の足を少し開かせる…。

がに股になって丸見えの格好…

こんなやらしいポーズなのに、

恥ずかしがることなく寝ている…。

もう気分はドッキドキ…

興奮度はMAXだ…


彼女のクリをチョンと触ると…

ピクンッ…

反応があった。

T子が目を覚ましてしまった…!!

しまった、起きちゃった…〓

やっぱりクリへの刺激は敏感だったか…

うっすらと目をあけた彼女。

気付いたら下だけハダカで、アソコを触られている…


「いじわるっ…!!


彼女がこう言った。

しかし抵抗はなく、そのまま寝てるだけ…

嫌がる素振りはなかったが、眠たかっただけかもしれない。


「あ…寝てていいよ~


私はこう答えた。

でも指では彼女のアソコをいじりながら…

こんな状況で…寝れるわけないのは分かってたけど(笑)

ちょっと意地悪ないたずら…♪

そのまま彼女の秘部をいじり続けた…

クリを転がしたり…

ナメてめたり…

彼女のカラダを好きなようにもてあそんだ…


「ハァ、ハァ、ハァ…


彼女の息が荒くなっている…

彼女は抵抗することなく、私の責めを受け止めている…

いま彼女のカラダは私のなすがまま…

彼女の愛液と私の唾液でアソコはくちょくちょに濡れている…


「ハァ、ハァ、ハァ…


彼女はすごく感じてるようだが、

声を出すのを必死で抑えてるようだ…

20分ほど指や舌で弄り続けた…。


しかし…これ以上はさすがにマズイ…

ここは彼女の自宅だし、最後までえっちすると声がもれるかも…

そう考えてるうちに、だんだん私も眠たくなってきた…。

今日はここまでにしておくか…☆

彼女のパンツやパジャマを着せて、元通りにする…。


じゃ、おやすみ…

今度こそ眠りにつきました……






この時のエピソードは以上です。

しかし…興奮しましたね~

彼女の自宅でバレないようにと言うスリル…

起こさないように脱がすドキドキ感…

SEXはしてないけど、非常に記憶に残っている…。



お次のケースは、この後付き合った彼女との夜這いエピソード☆


次回をお楽しみに……




 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。