FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜這い特集 1

この日本には古来から、類を見ないほど独特で伝統的な性の風習がある。

平安時代からあったと言う男女の求愛行為…

日本人らしい恥じらいとエロスを感じる夜の営み…


それが…



「夜這い」



実はワタシ…この「夜這い」ってシチュエーションが大好きなのだ

男性が女性の寝所を訪れ、寝ている女性と愛を育む…

おぉ、なんてドキドキするシチュエーション…

一時期、夜這いモンのAVばっか見てたりしてた(笑)


でも今の時代、夜這いと言う風習はすたれている…。

まぁ、それも仕方ないか…

だって相手の許可を得ずに寝室に忍び込んだら不法侵入だもんな~

そりゃ、すたれるわな…

犯罪をおかしたくはないし、

女の子にムリヤリするのは私は大キライだ☆


しかし相手があらかじめOKだとわかっていれば…?

夜這いしちゃってもいい状況ならば…?

これほど興奮するシチュエーションはないと思う


そして夜這いをするなら…

「起こさないように」ってのがポイント☆

相手が寝てるのに、えっちな行為をどこまでできるか…

これがドキドキしてめっちゃ興奮しちゃうのだ…


今回はこの夜這いをテーマにして、

私がこれまで経験したいくつかの体験談をお話します☆

だいぶ過去の話もあるので、思いだしながら書いてみますね~♪





《ケースその1》

~彼女の自宅にて~


まず一番最初のケースは、私が23歳頃の時です。

ある日…私はとある事情で自分の家で泊まることが出来なかった。

その時、ふとアタマに浮かんだのが…T子ちゃんでした☆


彼女は某所で知り合った18歳の女子高生…

すでにカラダの関係はあったし、時々会って遊んでいたのだが、

彼女の家が近くだったのを思い出した。


「ちょっと今晩だけ泊まらしてくれない…!?


彼女に電話でお願いしてみた。

彼女は実家だから、もちろん両親と一緒に住んでいる。

ダメ元でお願いしたのだが、事情を話すと何とか頼みを聞いてくれた…♪


かといって、男を家に泊まらせることなど親には言えない…

彼女の部屋は一階にあった。

彼女の親にバレないように…

窓からこっそりと、音をたてないように忍び込んだ…。

初めて入るT子の部屋☆

受験を控えてることもあり、夜も真面目に勉強してたようだ…。

女の子の自宅に忍び込むなんて私も初めてだし、

彼女にとってもこんな状況は当然初めて…。

バレないようにというスリルがあり、ドキドキするシチュエーション…


あまり音をたてず、騒がないように大人しく振る舞う。

そして夜も更け、2人で布団に入って寝る…。

ここは彼女の自宅だし、私も立場をわきまえていたので、

何もせずそのまま眠りについた…。


しかし……


いつもと環境が違うせいか、

夜中に目が覚めてしまう。

深夜に1人、他人の家で起きてもすることがない…

しかもなかなか寝れない…

ふと、横を見ると…

すやすやと眠りについている彼女…


この時、私にムラムラとした感情が起こった……



《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。