FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何回いけるかな? 中編

前回までの日記はこちら
⇒何回いけるかな? 前編


1人暮らしの彼女の部屋に招待されて、

そのままお泊まりでのベッドタイム…

すでに彼女は2回も絶頂に達している…


私が突くたび、けいれんするように…震えるように…

全身をビクンビクンさせて感じている彼女…

んじゃ、これはどうかな…?

彼女を抱きかかえ、対面座位にする。

ギシッ、ギシッ、と腰をスリ寄せる…

本来、結合が浅く感度は低い体位なのだが、


「ぁ…当たる…っ!!

彼女のポイントにはしっかり当たってるようだ…

それなら、コイツは…?

彼女のカラダを横にして、片足を抱えあげ、松葉崩し…

どうだ…?こんな体位は…?


「ち…違うとこに当たってる~

こっ…こんなとこ初め…てッ!!」


へぇ…そうなんだ~

じゃあ、もっと突いてほしいか?


「も…もっと突いてくだ…さいっ


そうか…

じゃあもっと突いてやるよっ!!

パンパンパン…


「あぁぁぁあ~あ~…


ビクン、ビクン、ビクン…


「ィ…イッちゃった…


おや、またイッたんだ…

ナカで何度もイケるタイプなんだね~♪


女性のイキ方には、中とクリの2通りがある。

クリではイケるけど、中ではイケない…という女の子は多いが、

彼女は中でもクリでもイケるタイプだった…

中でイク場合、気持ちよさがジワ~ッと残り、その感覚が続くため、

イケる子は何度もイッてしまったりする……

彼女はまさにそのタイプだった☆


わかってると思うが、今日はこれで終わりじゃないからな~

とことんえっちしてやるからな~

どうだ、うれしいか…?


「ぅッ…うれしい…


じゃあ、たくさんえっちしてください、って言ってみろ~


「た…たくさんえっちして…くださ…い


ズンズンズンズン…

ビクン…ビクン…

どっくん、どっくん…


こうして1回戦のえっちが終わった…

どうやら彼女は3~5回ほどイッてしまったようだ

彼女と裸で抱き合って、布団の中で会話した。


緊張しまくりだった彼女だが、カラダを重ねたことで、

ようやく打ち解けた表情を見せてくれた☆

聞けば、これまで彼氏とのえっちは1回戦で終わるのがほとんどで、

1晩かかって2回目ができるかどーか…って感じだったようだ。

まぁ、普通ならそんなもんか…。

しかし他の男ならともかく、私はその程度で終わりにはしない…

夕食を食べ終えた直後にえっちしたので、まだまだ時間はたっぷりあった。



「玩具とかで責めて欲しい…

事前に彼女から聞いていた願望を叶えてあげることにした♪

どうせなら徹底的にしてやろう…

アイマスクで目隠して、タオルで手を縛り、

そして電マの攻撃…

ハッキリ言ってこのコンボは強力です☆

女の子にリクエストを聞くと、

玩具で責められてみたいという女性もけっこう多い。


ブィィ~イン…

ちょこっと当てるだけで、

ビク、ビクン!


「アッ、アアッ…!!

面白いよーに感じてくれる…

脚を大きくМ字開脚させて、ゆ~っくりと近づける…

まだ当たってもいないのに、ウィイ~ン…と言う電マの音を聞いて、

彼女はいつ来るか…いつ来るか…とドキドキしている…

ちょん…

「アアッ…!!


少し触れただけで、ビクン…と反応する。

じゃあ、今度は電マでイッちゃいな~

ブィィイィィイ~ン…

当てっぱなしで、彼女がイクまでやめない…


「あぁぁぁあ~…!!

びくびく、びくんっ


またも彼女はイッちゃった…

ここまでイッてくれると私も責め甲斐がある♪

もっと徹底的に責めてやりたくなる…

彼女のナカに指を入れ、Gスポットをかき回しながら、

クリには電マを当てて、Wの攻撃…


「あふぅ、うあぁ、うあああ~!!


悲鳴のような声をあげ、アソコからはくちゅくちゅと音が聞こえる…

彼女は絶叫しながら、ビクンビクンと体をよじり、

あっさりイッてしまった…

…後に彼女いわく、

「アレはホントにヤバい

と言うほど強烈な快楽だったようだ…☆


そして再び固くなったモノを彼女の中へとねじ込み、ズブズブ突いた…

そらっ、こんなえっちがしたかったんだろ?

どうだ、オレとのえっちは気持ちいいか…?


「あぁっ、気持ちいい…


そぅか…じゃ、こんなのはどうだ?

挿入しながらの、電マ攻撃…

ナカにはおちんちんの刺激、クリには電マの刺激、

またも強力なW責め…


「もぅ…ダメぇえ~…!!


叫びながらまたも絶頂に達した彼女…

彼女がイッたけど、私はそのまま突き続ける…


「ダ…メ…、またイッ…ちゃう…よ…


ナカでイクと、イキやすくなる…

イッたばかりなのに、またすぐイキそうになる…

私はそれが分かってたから、連続でイカせようと狙ってた。

イッた直後にもかかわらず、またイッてしまう彼女…


それでも私は突くことをやめない…

イッても、イッても、イカされる…

彼女のカラダは私のなすがまま…

ひたすら私の肉棒の餌食となり、イカされ続けるのだ…


「も、もうムリ~


「だ、ダメ~…壊れちゃう~…



私が2度目の絶頂を向かえ、ついに第2ラウンドが終了した…。

この時点で少なくとも、彼女は10回以上イッちゃってた……


 《続く》

ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。