FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫はじめ

あけましておめでとうございます☆

新年一発目のネタは、やっぱり新年に相応しい話を…!!

と言うことで「姫はじめ」のお話です


一応言っとくと…新年になってから最初の性行為のことを

「姫始め(秘め初め)」と言いますが…

私、1月1日の元旦にえっちしたことがあるんです☆

しかも、その日出会った女の子と…


どういう経緯かと言うと……



私が22~23歳の頃なんですが、

当時、まだ出会い系サイトというものが登場し始めた頃でして、

今よりももっと健全で安全でした。

その時は、今は亡きツーカーの携帯を使ってましたが、

携帯の公式サイトに「出会い系」のジャンルがあったのです!!

今では考えられない事ですが、ホントです☆


無料で、安全で、サクラや業者など存在しませんでした。

ま、そのぶん男ばっかりで、ハッキリ言ってマトモに出会えなかったんですが…

遊び半分で登録してみたモノの、たいして面白くもないので

ず~っと放置しっぱなしで、久しぶりに見た時、

たまたま1人の女の子とやり取りすることが出来た…。


高校3年の受験生の子でした☆

メールでやり取りをしてると、やたら近所だと発覚。

しかし受験生なので、遊びに誘うのは悪いだろ~な…と思って、

メールでのやり取りのみでした。。


そして年末から年が明けた1月1日…

その年の元旦はどーにもヒマだった…

やることがない!!

店もどこもやってない!!

誰かヒマしてないか…?

と、メールしまくったら、彼女が乗ってきた♪

彼女も元旦は実家にて、ヒマだったらしい…。


じゃあ、会おっか…?

って話になり、バイクで迎えに行った。

当時は、携帯に写メなんてまだない時代…

お互いの顔もわからず、どんな子なんだろ…?

と気になっていた。


彼女は進学校に通うマジメな女子高生の女の子でした♪

私のバイクで2ケツして、色々走り回ったけど、

何せ元旦なんであまり行く所もなく、混雑してる場所には行きたくない…。


けっきょく、一人暮らししてた私の部屋に案内した。

お正月のテレビを2人で見ながら、色んな話をしてくつろいでたら、


「フゥーッ…つかれた~」

と言って横になる彼女…。


私はその隣りで、目を閉じてる彼女の髪を撫でながら、

ちょっと恋人っぽい会話をしてた。

どんな話だったかは覚えてないが、


「オレだってさみしいんだよ…」


と言って、彼女の唇を奪った覚えがある…

彼女は抵抗もなく、ベッドに横たわっていた…。


「どうすればいいの…?


戸惑う彼女に、そのままでいいよ…

俺に任せてくれればいいから…

と言って彼女の服を脱がせた…。


そして……


彼女のカラダを求め、重なりました

彼女は男性経験はあったようですが、

フェラは私が初めての相手だったよう…



1月1日、元旦での出来事です☆

その日に出会ったばかりの彼女との、姫はじめ…


その後…彼女とはお泊りもしたし、何度か体を重ねたのですが、

受験生でしたし、付き合うことはなかった…。

彼女は北海道の大学へ行き、それ以降は会ってません…。


今年は何かいいことあるかな~?

そんな予感をさせる一年の始まりでした…♪



ところで…「姫はじめ」って、

男から見た表現だよね?

男が女を抱くから姫はじめだよね?


…じゃあ、女から見た立場ではなんて言うんだろ?

女性の場合も、姫はじめと言うんでしょうか?

姫はじめの反対だから…「殿はじめ」?


なんかもう分かりにくいから、

「やりはじめ」でいいんじゃない…?(笑)



 《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。