FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッチな女を発見!! 1

めっちゃ久々の日記更新ですー!!

実は私…このブログ以外にも色んなとこで日記を書いてきたのですが、

その中の1つに、sexi(セクシィ) というSNSがあります。

mixiのアダルト版みたいなSNSなんですが…、

はっきり言って男性ばっか!!

えっちな女の子との出会いを望んでsexiに登録する男は多いが…

女性は少ない上に、リアルで出会いを求めてる女性は少ない。

しかし、sexiの中でもわずかながら出会いを求めてる女性も存在する。

今回は、そんなsexiの中で知り合った女性とのエピソードをお話しよう…。



いつ、どんなきっかけだったのかは覚えてないが…

気付いたら私のマイセクだった、ユリちゃん(仮名)。

同じ名古屋圏内に住んでて、プロフで顔出ししてた20代の女の子。

いつの頃からか…彼女の日記には、

「今日、7時ぐらいから会える人いませんか…?

いっぱい気持ちいいことしたいなぁ…」

なんてことが書かれてた。

おぉっ…?

なんだこの子…堂々とえっち相手を募集しとるがな!!(@_@)

当然、彼女の日記には男からのコメ殺到。

おそらくメッセもたくさん来てたはず。

私としては、ふ~ん…って感じだったのでスルーしたけど、

その後の日記を読んでも、詳細は書かれてない。

日記はいつも3~4行ぐらいしかなくて、

まぁ、女の子によくありがちな簡潔な文章。

釣りなのか冷やかしなのかもよく分からん…。

てか、過去の日記を見たら…

彼氏いるしラブラブって書いてあるし!!

そしたらしばらくたったある時…


「今日会える人いますか~?」


また募集しとるがな!!(・・;)

どーやらこの子、出会い系みたいな使い方しとるよーだね…

てか、彼氏おるんだろー!?

えぇい、このビッチが~!!

しかしビッチがモテるのがこのsexiというサイト。

ま、私が責める筋合いないし、そこは本人の自由だし。

彼氏とのえっちが物足りないのか、色んな男とえっちしたいのか知らんけど。

さらに、その後も彼女の日記には、

なんと彼氏とのハメ撮り動画やフェラ動画までアップされてた…!!

すげぇな…おい、コレ顔見えてるやん…?^^;

まぁ本人の自由だけど(笑)

スナップショット1


そして彼女の「募集」も始めは気にしてなかったけど、

2回、3回と続くうちに…

「えぇぃ…この女、俺がイカせまくってやろーか~…!?」

「そこらの男より何倍も気持ちよくさせてやるのに!!」

「女としての真の快感を教えてやろっか…!?」

なーんて勝手に思い込んだりもしてた(笑)


そんなある日…

ふと休憩中にsexiのぞいたら…

「今日、18:30に金山駅に来れる人…いませんか?」

おぉっ、また募集しとる!!

今日…?金山駅…?

仕事終わってからいけるじゃん!!

しかし…今からじゃギリ。

募集からだいぶ時間たってるし、メッセやり取りしてる余裕もない。

う~ん…、どうしよっかな~…?

てか、この子ホントに来るんかな…?

よし、仕事帰りにちょっとだけ金山駅に寄ってみよっかな…。

もちろん彼女が見つかる保証はぜんぜんない。

だいいち私は彼女と約束もしてない。

仮に見つけたとしてどうすんの…?

まぁ、その時考えりゃいいか…

そんなテキトーなノリで金山駅に向かった。


ちなみに金山駅は名古屋でも屈指のデカい駅である。

JR、地下鉄、名鉄の3本が通る総合駅で、多くの人でごった返す。

そんな人通りの多い駅で、会ったこともなく、

約束もしてない人間を探すなんて、かなり無謀。

でも、いちおう私にはアテがあった。

おそらく待ち合わせをするなら、あそこかあそこだろう…。

ついでに彼女は写メを公開してたので、顔もわかってた。


時刻は18時31分。

金山駅に到着。

むぅ…もしかしたらもう居ないかもしれん…。

足早に構内を歩きまわり、待ち合わせしそうな場所をめぐった。

すると…


…?(p_-)


あの柱の横で立ってるコートの女の子…


あの子じゃないか!!?


間違いない…!!


まさか… ホントに…


見つけちゃったぜーーー!!!\(◎o◎)/


オイオイ、どうしよう…(;一_一)


スナップショット3


《続く》

ビッチな女を発見!! 2

前回までの日記はこちら
⇒ビッチな女を発見!! 1


オイオイ、どうしよう…(;一_一)

まさかホントに本人を見つけちゃうとは!!!

彼女はスマホをいじりながら柱のそばに立っている。

どうやら相手の男はまだ来てないようだ。

私はさりげなく柱の裏から彼女の背後に回り込み…

彼女のスマホの画面をチラ見した。

sexiの画面だ…

間違いねぇぇー!!!

この子だぁーー!!!

う~ん、なんて声をかけよう…


その①…「よう、待った?」と待ち合わせ相手のフリをする

相手の男とどこまでやり取りしてるか知らんけど、

写メ交換してたら「は?アンタ誰?」とか言われそう…。


その②…「アンタsexiのユリちゃんだな?日記見て来ちゃったぜー!」

普通に考えたらこれが順当。事実そのまんまだし。

ただしこっからどうやって話を持っていこう…。


その③…「オイ、ちょっとこっち来いよ」と強引にかっさらう

相手の男がいるならすぐにでも連れ出したいところ。

何ですか?と抵抗するようならsexi見せて「これキミだろ?」と言って脅す。

でも…オレそんなキャラじゃねぇ…。


その④…「へい彼女、待ち合わせー?」とフツーにナンパする

あ、約束あるんで…とかフツーに断られそう。

一番失敗の確率が高そう…


色々考えたが、うまくいけそうなのは…②か③だ。

でもそっから先どうしよう…?

強引に連れだしたら、彼女は当然戸惑うだろう…

待ち合わせしてる相手に悪いとか言うだろう…

でも、相手の男もsexiで今日会おうって程度の関係だろ?

前々から会う約束してて、楽しみにしてた相手とかじゃねぇだろ?

そんなの、すっぽかしゃいいじゃん!!

来いよ、俺のがそいつより楽しませてやるぜ~!?

って感じか…。

うーむ、ひと昔前のマンガの悪役キャラだな…

でもこの状況はそれしかない。

強引にかっさらうってのはそーゆーことだ。

自分が悪役に成り切るしかない…。

普段の自分ならこんな行動はゼッタイしない。

だが、目の前にいる彼女の正体を私は知っている。

sexiでの日記や写真、ハメ撮り動画も見ている。

付け込めるネタや弱みは充分握っている。

そして彼女がえっちをするつもりでそこにいることを私は知っている…。


これが逆に彼女の立場ならどう思うだろうか?

男と待ち合わせしてたのに、他の男に強引に連れ出されて…

sexiの自分を知ってて、脅されて、ホテルに連れ込まれ…

そのままレイプ同然に犯されて、何度もイッてしまう…

もしかしてだけど…

彼女もこんなシチュエーション望んでるんじゃないの~♪(BYどぶろっく)

ヤバい、そう考えたらめっちゃ興奮する~…

こんなエロゲみたいな展開…他にあるわけねぇ!!

さすがに緊張するし、ドキドキする…

…と、思った瞬間…

彼女がスマホを取り出して、電話で話し出した。

もしもし~おそいよ~って感じでしゃべってる。

ヤバい!もうすぐ待ち合わせの相手が来てしまう…!!

その時…

彼女のほうに、1人の男が電話を掛けながら近づいてきた。

笑顔でその男のほうへ向かっていく彼女。

あぁぁぁぁああああ~~…来ちゃったよぉぉ~!!!

ウダウダ考えてたらタイミングを逃してしまったぁぁああ~…!!!

またとない大チャンスだったのに~…。


その⑤…「よう、俺もまぜてくれよ!」と言って3Pを提案する

いやいやいや…さすがにそれはないだろ…

彼女はともかく、男がゼッタイ嫌がるだろ…

なんだテメエ、って修羅場になる確率が高い。


相手の男は、帽子にアゴヒゲ、ぽっちゃり体型でアラサ―っぽい奴だった。

男は彼女に近づくと、いきなり彼女を抱きしめた。

駅の構内で人目も気にせず、抱きしめ続ける男。

明らかに引いてる様子の彼女。

その耳元で男がなにか囁いてるようだ。

たぶん「会いたかった…」とか言ってるんだろーな…

ははぁ、この男…sexiで女の子と出会えたのは初めてなんだろう。

久しぶりに会ったならともかく、初対面でいきなり抱きしめるはないやろ(笑)


その後、2人は手をつないでデニーズにいき…

駅近くの一番安いラブホに入っていった。

次の日。

彼女の日記には…

「フェラしちゃいました」なんて動画が載っていた…。

スナップショット 6


くそぉぉぉおお~!!!

あの男とホテルでやったんかぁー…

あぁ、やっぱりあの時…

拉致っとけばよかったー!!!


ま、しょうがないよね…

と、諦めてた私に…

このあと、再びチャンスが訪れる…!!

詳しくは次回にて!!



《続く》

ビッチな女を発見!! 3

前回までの日記はこちら
⇒ビッチな女を発見!! 1
⇒ビッチな女を発見!! 2


やっぱりあの時…拉致っとけばよかったー!!!

結果的に、目の前で彼女を他の男にかっさらわれた形となった。

くそう、あの男よりゼッタイ刺激的な経験をさせてやったのに~…

こうなりゃsexiで彼女にメッセ送ってやろっか…?

「金山でユリちゃん発見したよ」

「拉致ろうかと思ったよ~」

イカン、これじゃストーカーだ…

こんなん送ったらキモイと思われるに決まっとる!

あえて何も言うまい…

だが、もし彼女と会えた時には、

「あの時、実は金山駅に俺もいたんだよ?声はかけれなかったけどね~」

…なんて話を、ベッドを共にした後でするならいいんじゃないか!?

そうだ、それがいい。

よ~し、待ってろ…ユリちゃん、俺が必ず犯してやる!!


それから3週間後。

再びチャンスがやってきた。


「今日の夜、名古屋駅で会える人…」

スナップショット 5


キターーーーッ!!!


彼女の日記でまた募集が告知されていた。

ようし、今度こそっ…!!

だが、しかし待てよ…

彼女の元には他の男からもたくさんメッセが来てるだろう…。

他の野郎どもを差し置いて、自分が選ばれなければイカン…。

さて、どうしよう…?

色々と思案したあげく、彼女にメッセを送った…。

どんなメッセを送ったかはヒミツ♪

すると…

しばらく経ってから…

1件の受信メッセージが来た!


差出人:ユリちゃん

「8時半にタクシー乗り場ね\(^O^)/」


うぉおおおおっ…

よっしゃぁぁあああーーー!!!

どうだ、見事に選ばれたぜー!!

喜びいさんで、直ちに彼女に返信した。

その直後、再び彼女からメッセ。


「よろしくね\(^O^)/」


もうコレは間違いない…

ドキドキドキ…

やっとこの時が来たか…。

今度こそたっぷり犯してやる!!

仕事を終えた後、着替えて準備をして、名古屋駅へ到着。

「名古屋駅着いたよ。どんな服装してる?」

とりあえず彼女にメッセしておく。


……………………。


なかなか返事が来ない。


……………………。


8時30分。

再びメッセを送った。

「いまどこー?ずっと名古屋駅にいるよー」


……………………。

8時40分…

8時50分…

こ、これはまさか…


すっぽかされたーーー!!??


ウ、ウソだろ……!?

その後、何度メッセを送っても返事はない。

電話番号もメアドも知らない。

彼女からきたメッセは上記の2つだけだ。

彼女のsexiを確認したが、途中でチラッとログインしたようだが…

その後、いっさいログインしてない。

ここへきてドタキャンなんて信じられん!!

もしかして…途中で彼氏にどっか連れてかれたとか?

かっさらうつもりが…かっさらわれた!?

けっきょく彼女は来なかった。


怒りと悔しさをぶつけてメッセしようと思ったが…

たぶん返事はゼッタイ来ない。

だからあえて何も言わず…

「ずっと待ってたよ…残念だわ」

の一言だけ送った。

その後も彼女からは一切連絡ナシ。


ネットでの出会いにドタキャンは付き物…

そんなことは分かってた。

女は気まぐれでテキトー…

特に彼女みたいに20代で若い女はね。

けっきょく…

次の日、彼女の日記は更新されなかった。

何があったかはいっさい何も書かれなかった。

その後…

彼氏とラブラブである様子が書かれたり…

プロポーズを匂わせるような日記がアップされたかと思えば…


いきなり…



消えた



ある日突然sexiを退会していた。


はぁぁ~…!?(◎o◎)

まぁ…SNSやめる時なんてこんなモンか…

なんともガックリな終わり方に脱力感…。

しかしまてよ…

思い返してみると…

あの日、金山で見かけた時…彼女は相手の男と電話をしてた。

しかし俺とは電話やメールしてない。

あの相手の男とはしてたのに…何故?

コレってもしかして…


自作自演では!?(;゜ロ゜)

日記で募集かけてたのは全てフェイクで…

あの日、待ち合わせしてたのは彼氏では!?[i:162]


そーだとすると、俺は見事に引っ掛かったことになる…[i:162][i:162][i:162]


ちっくしょぉ~…!!



最期にもっぺんだけ言わせてくれ…



やっぱりあの時…拉致っとけばよかったー!!!

スナップショット2


《終わり》
プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。