FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私だけが知る芸能裏情報

今回はちょっぴりえっちな芸能界ネタです☆


みなさんに芸能人の裏情報を教えちゃいましょう…。

私だけが知ってるとっておきの秘密ネタ…☆



私がネットでブログを始めて以来、たくさんの人からメールが来るようになった。

そんな中で1人の女性からメールが届いた。

私のブログを読んで私に興味をもち、やり取りをしてたのだが…

その女性は中○地方のH県でかつてNo.1の風俗嬢だったと言う…☆

いまは結婚して引退し、幸せな家庭を築いて暮らしてるらしいが…

昔はそりゃスゴかったらしい…

数多くの指名を持ち、それこそ芸能人もたくさんお相手したんだとか…!!


へぇ、そりゃ興味深い…


どんな芸能人を相手にしたの~?

と聞いてみたら…

彼女はイロイロ詳しく教えてくれた…♪


以下、彼女がお相手した芸能人とその情報をお教えしよう…☆





《松ちゃん》
缶ビール一本でダウン
しかも当分粘着された
ジャンケンが弱い(笑)


《氷室》
性格が悪い


《清原》
かなりスケベでナルシスト
しかしかなり凹んでた時に相談にのってあげた(笑)


《香田晋》
喋るとドン引きする位の馬鹿



《上原》
真面目で紳士で優しい


《サタケ》
凄いスタミナ
だけど性格は優しくて温厚
楽しい


《セーラー服着て二人組で歌ってた片割れ…名前忘れた》
めちゃめちゃ優しくてトキメイタけどHが…〓〓〓(笑)


《亀井静の第一秘書 市川 の愛人》
かなりの悪党


あと、名前知らないサッカーの選手(笑)
店のボーイがサインもらってた(笑)


清原と石井は彼女が入籍ギリギリまで友達だったとか…☆


そして彼女はこう言ってくれた。

「でも飛藤さんみたいな心配り出来る人は皆無
もし当時、飛藤さんがお店に来てくれてたら、私お金もらって無いと思うよ~〓(笑) 」



うれしいこと言ってくれます〓


しかし彼女は子供もいる主婦で遠く離れたH県なので、予定も合わず来れるワケでもなく…

けっきょく彼女と会う機会はありませんでした…。


一度だけ電話で話したのですが、その時…


「いい?ゼッタイ犯すからねー!?」


と言われたのが印象的でした〓(笑)


女の人に「犯す」なんて言われたの初めてですし…

どんなんだろ~と想像したら、ドキドキしちゃいました…〓(笑)



《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…1

私のブログではAV女優さんとの体験談がこれまで2つあります。

⇒AV女優と…
⇒AV女優とお花見


しかし、これで終わりではないのです。

あるんですよ…

AV女優さんとの体験談・第3弾が!!


ですがこの話はアダルトビデオの撮影ではありません。

私はAV男優じゃないし、単なる一般の素人です。



「じゃ、どうしてAV女優とそんなに体験談があるの!?」


と聞かれたら、


その答えは…


「素人が参加できるエロ本に応募したから」



そういうエロ雑誌があったのですよ


読者の男性がエロ本の企画に応募したら、

AV女優さんとの撮影ができる…というモノ。

「YO!」(ィヨゥ!)と言うエロ本があったのです☆


夏の島☆大乱交1



以前の2つの体験談も同じモノです。

しかしこの雑誌は現在は休刊となってます。

もう売っていませんので、探してもありません。


この話は2006年の夏…。


前回の「AV女優とお花見」から約2ヵ月後のことでした。


「YO!」にまた読者参加企画が載ってました。


今回は東京での撮影…

しかも1泊2日でのお泊まり旅行。


う~ん…東京かぁ~

ちょいと時間かかるけど、平日に2日間も来れる奴は少ないのでは…!?

参加者が少ないと言うことは、

「ライバルが少ない」ってこと。

私は参加希望で応募し、東京へ向かうことにした。


前日の夜に仕事を終えると、車で東京へと向かう。

車の中で睡眠を取り、体調を万全にして集合場所へ。

東京の竹芝埠頭には私を含め、26名の男性陣が集まっていた。

そこからフェリーで移動して目的地へ…。


場所は、伊豆諸島・式値島☆


ここで参加したAV女優さんをご紹介しよう…

今回は3人もの女優さんが来てくれた…



夏の島☆大乱交22


中央…こころちゃん(20歳)

アイドルのように可愛らしい女の子

AV女優としては3人の中では1番有名でキャリアも長い。

細身でスレンダーで明るいタイプ。

mixiやブログをやっていた。




右…みらいちゃん(20歳)

ボーイッシュで活発的な女の子

ちょっと強気でまとめ役なタイプ。

話しやすく親しみやすい。

アニメ好き。ブログを書いてる。



左…りこちゃん(21歳)

色白でムッチリの新人AV女優さん

ちょっと不思議系な印象だが、

びっくりするほどエロかった





3人ともパッと見たらどこにでもいる普通の女の子…

言われなきゃAV女優だとわからないだろう…。


そして一行は島に到着した☆


時は2006年6月7日。


東京の離島にて1泊2日のエロエロ企画が始まる…


さぁ、何が待ち受けているのか…

期待しながら始まるのだった…



↓こちらが舞台となった式根島
F1070039.jpg




   《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…2

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1


東京からフェリーで3時間かかる伊豆諸島の式根島。

この島にてAV女優さんとのえっちなイベントが始まる…

島に到着して参加者が集められた。

ここで始めて3人の女優さん達とご対面…!!


夏の島☆大乱交10


こころちゃん(左) みらいちゃん(中) りこちゃん(右)


キレイな女の子達の登場に、男性陣は大はしゃぎ…!!

海岸の岩場をバックに彼女たちの写真撮影が始まった。

主役はあくまで女優さんだから、

彼女たちを中心に男性陣が取り囲んでの撮影。


実際に雑誌に載ったのはこんな感じ…。

夏の島☆大乱交2


もちろん男性陣の中には、私も写っております(笑)

夏の島☆大乱交7



始めはみんな普通に撮影してますが、

徐々にいやらしくなっていき…

女の子たちの後ろから男たちの手が伸び…


おっぱいを揉まれたり…


ビキニを剥ぎ取られ…


体中をまさぐられる…。



⇒画像はコチラで公開





それでも彼女たちはイヤな顔1つせず…


「あぁ~ん


笑顔でいやらしい声をあげている。


そこからさらに水着をはぎとられ…

足を広げられて男性陣にクンニされちゃう…



(画像はラストに公開します☆)



しかしいくら人口の少ない島とはいえ、時々人は通る…。


「ヤバい…誰か来たっ!!」


こんな撮影、他の人に見られたらまずい…。

だからこの手のエロい撮影は常に見張りを立てて、

人が来たら知らせて過ぎ去るまでやり過ごすのだ…。



よし、行ったな…



普段ヒト気のない海岸に30人も集まってたら何だと思うよね…

実際いかがわしいことをやっとるワケだし…(笑)


1人の男性読者が選ばれて、

岩場の影にて3人がかりでフェラされたりとか…



普段ゼッタイにありえない光景…!!



さらに、彼女たち3人が並んで

立ちバックで後ろから突かれるとこを撮影したりとか…


ただし「挿入しちゃダメ」というスタッフの指示により、

やってるフリだけ

夏の島☆大乱交9



まだ撮影は始まったばかりなのに、

いきなりSEXなんてしない。

立ちバックで突かれてるように見せてる「疑似」


エロ本なんて写真だから、

ホントにしてるかどうかなんて分からない…


女の子の感じてる表情も演技…。


エロの世界ってこんなのよくあると思ってたが…


リアルで体験してみて、

やっぱりな~って感じましたよ…。




撮影はまだまだ続く…




《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…3

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2


夏の島の海岸にてAV女優さんとの撮影が続く…。


今度は彼女たち1人ずつのスチール撮影。


1人ずつセクシーなポーズをとったり、

挑発するような表情でパシャパシャ撮られる。


男性陣はその様子を眺めてるだけ…(笑)


こころちゃんが股間の水着に

ロープを食い込ませながら撮影してると…


「ロープになりた~い!!


と男性陣から声が飛ぶ…。


飢えた男性陣にはやし立てられても…


「ウフッ後でね~


なんて笑顔で対応するこころちゃん。


こんなセクハラまがいのエロい振りをしても、

笑顔で返してくるとこはさすがAV女優…


こんな会話ができる環境ってそうあるもんじゃない。


この時、私は1つ「ネタ」を用意してた。


海に必要なのは水着とバスタオル。


私はそのバスタオルをウケ狙いで、

「一反もめん」のバスタオルを持参してたのだ♪



一反もめん





これを見て、みらいちゃんが食い付いてきた。


「わぁそれ、いいなぁ~


みらいちゃんに話しかけられ、私も言葉を返す。



「ブログ見ましたよ~


「えっ、読んでくれたんですか~!?



みらいちゃんとこころちゃんはブログを書いてた。


この企画に参加すると決めた時から、

私は彼女たちのブログを事前にチェックしておいた。

話しかけるきっかけにしようと思ってね…♪



ブログの話題で盛り上がり、

即座に彼女たちと打ち解けることに成功した



この企画は戦いなのです。

参加した男性がすべてオイシイ思いが出来るわけではない…

参加者は20人以上もいるのだ。

自分をアピールをしつつ、

出るところ・引くところをしっかり把握して、

いかに勝ち抜くかが肝心なのだ…!!


まず、つかみはOK☆




そして舞台は海岸での撮影から、

今度はコテージへ移動となる。


女優さん達は冷房の効いた車で移動ですが…


我々男性陣はレンタルした自転車をこいでの移動。


ふだん人の少ない島の中を、

20人以上の大人が自転車で走ってる光景は、

島の人たちには異様に思えたでしょうね…


団体の旅行客だと思われてたかもしんない。

まさかエロい撮影のためにこんな島まで、

わざわざ旅行に来たとは思わないだろうね…(笑)



男性陣がコテージに着いて待機してると…


女優さんたちがコスプレ姿で現れました!!



こころちゃんがチアガール…

未来ちゃんが体操服…

りこちゃんがナース服です


夏の島☆大乱交25




コテージではさらに過激な撮影が待ち受けてました…




《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…4

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3


海岸での撮影から、今度はコテージでの撮影。


こころちゃんがチアガール…

未来ちゃんが体操服…

りこちゃんがナース服にて登場


男性陣は…ここで全員ハダカになれとの指示が!!

俺たちゃ裸がユニフォーム~


男性陣は3つのチームに分けられ、今度はチーム対抗戦。

Bチームのリーダーにはなぜか私が選ばれた…。

参加者のほとんどは私より年上のオッサンだし、

エロ本読者の集まりなんて、ぶっちゃけイケてない野郎ばっか…。

私みたいな社交的でムードメーカーなタイプはいないので、

目立ってたから選ばれたんだと思うけどね…。


「読者が考えたエロ企画」

ってことでチームに分かれてアイデアを出しあう…。

私のチームはやたら団結して盛り上がり、

色んなエロいアイデアを考えた…。


「女の子を柱に縛りつける」

「花びら大回転」

「クンニでイカせ競争」

「全裸で耳かき」



我ながらよくこんなお馬鹿なネタを考えついたわ…(笑)

そしたら私たちの意見がそのまま採用されることに…!!

F1070048.jpg


まずは「クンニ大会」


テレビ台のような滑車付きのローボードの上に、

女優さん2人が背中合わせで乗る…。

それをゆっくり動かして、一列に並んだ男性陣が

1人ずつアソコをナメてゆくというモノ…☆


M字開脚で座る女の子を、

男どもがピチャピチャとナメまわす…


「あぁ~ん

「あーん…


と悶える女優さん…

⇒画像はコチラで公開


そしてさらに女優さん3人が横一列に並んで、

一斉にクンニされる…


「さぁ、誰が一番最初に
 イクかな~!?」


各チームから3名の男が女の子を激しくナメる…


「あっ、あぁ~ん

「あぁあぁあ~っ

「あっ…、あぁっ…


女優さん3人が声をあげて喘ぎまくる…


「さぁ、誰がイクかな~!?」


スタッフが声をかけるが、
3人とも大きな声で悶えっぱなしのまま…。

コテージには彼女たちのやらしい声がずっと響いている。


10分近くが経過し…


終了~!!となった。


「誰かイッちゃった子いる~!?」


スタッフが聞いたら…



女の子が3人とも手を挙げた…


なんだ、みんなイッてたのね~(笑)


⇒画像はコチラで公開


続いてのコーナーは、

女の子たちが責める番!!


男性陣が寝そべって、みんなで円のように輪になる。

寝ている男性陣を彼女たちが1人ずつ責めてゆくのだ…


男性陣はすでにみんな素っ裸…。

床一面、寝そべった男たちで埋め尽くされた中を、

彼女たちは1人ずつ好きなように弄ってゆく…。


「ウフフ…もうこんなになってるの~!?


楽しそうに男たちをいたぶっていく3人の女優さん。

エロすぎます

⇒画像はコチラで公開

実際、彼女たちは常に笑顔でスゴく楽しそうだった。

女の子が明るく積極的にえっちを楽しんでるって…

すごくエロくね!?


普通の女の子なら絶対恥ずかしがるとこだが…

彼女たちは堂々と全裸を披露し、

男たちの股間を1人ずついたぶってゆく…。


想像してみて欲しい…

30名近い男女が全員ハダカでちちくりあう姿を…。

日常では絶対ありえない淫らな空間。

いやらしすぎる非日常的な光景。

異常すぎて引くかもしんない。

まさにAVかエロ本でなければ見られない世界だろう…。


だがまだまだイベントは中盤…。



お次は「公開レズショー」だ…


夏の島☆大乱交16



 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…5

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4


お次は「公開レズショー」だ…


実は彼女たちは事務所が同じであり、

これまでにも共演してレズったこともあるらしい…


ソファーに座った3人がお互いを触りっこしてる…。

その周りを男性陣が囲んで食い入るように見てる…。

女の子たちはそれぞれローターや電マを手に持って、


「ウフフ~

「アハハ~


と笑いながらお互いを責めあってる…。


始めはソフトに…だんだんハードになっていく。

そのうち真ん中のみらいちゃんが攻撃の的になり、

2人がかりで責めたてられた…。


「うぉぉ~っ…!!(◎o◎)」


目の前で行われるAV女優の本物レズプレイに、

男性陣は興奮して声をあげている。

彼女たちは野郎共に見られながらも、

濃厚なプレイを披露してくれた…。


こころちゃんとりこちゃんが69で絡みあう…


バイブと指の同時攻撃で、りこちゃんがもう限界のよう…。


りこちゃん 「あぁっ、ダメっ…!!出ちゃうよ~!!


こころちゃん 「いいよ~噴いちゃいなよ~


りこちゃん 「ダメ、ホントにダメ!!私のすごく出ちゃうから、こころちゃんの顔にかかっちゃう~



へぇ…りこちゃんはそんな大量に噴いちゃうのか~

そんなこと言われたら余計見てみたいよねぇ~

しかし…69なのでりこちゃんのアソコの真下には、

こころちゃんの顔がある。

こころちゃんにぶっかかっては大変…


りこちゃんの「噴き」を見せてもらう為、

床にシートを敷いて、もう1度責めてもらう。

四つん這いで、後ろから2人に責められるりこちゃん…

ローターとバイブでさんざん弄られ…


「あぁ~っ…出る、出ちゃう!! イク~ッ…!!


りこちゃんは絶叫しながら…

プシャァァ~ッ…

大量に潮吹きした…。

まさに噴射したような勢いだ。

男性陣からはオォ~ッという歓声があがる。

りこちゃんは言ってたとおりの大量に潮吹きする子でした…。


⇒画像はコチラで公開


さらに今度のコーナーは…


1人の男性が女優さん3人がかりで責められちゃうのだ

これに選ばれたのは40代のハゲたおじさん。

オジサンは立ったまま柱にくくりつけられた。


「ウフフ~

りこちゃんがおっさんの顔に自分のパンツをかぶせた。

おぉ、変態仮面だ…!!(笑)


おじさんは女の子3人から同時に責めたてられた。

みらいちゃんには乳首を責められ…

こころちゃんにはおっぱいを擦り付けられ…

りこちゃんの手で体中を弄られている…。


このオジサンどう見てもモテないタイプだと思う。

女優さんに責められまくりでかなり嬉しそう…。


さらにオジサンは縛られたまま寝かされて、

手コキされながら踏んづけられ…

顔の上に乗られて押し付けられ…

とどめに3人がかりのフェラをされた…

⇒画像はコチラで公開

ドMな男にとっては夢のような体験かもしれない…。

しかし本当にこれを見たらドン引きする人もいるかも…。

他の人からズーッと見られまくってるワケだからね…


う~ん…

私はされたいとは思わなかったなぁ~

責められるより責める方のが好きだしね~


ありえないような非日常で変態的な体験だが、

同時に「見られちゃう」というリスクがある。

こんな姿を見られたり撮影されるなんてもちろん恥ずかしい…

こんな変態ちっくなプレイに興味ある人もいるだろうし、

逆にドン引きする方もいると思う。

恥ずかしさを捨て、吹っ切れてバカにならなきゃついていけない…。


それがエロイベントなのだ



そして…

ついにメインイベントの時間。

いよいよ本番SEXとなった…

夏の島☆大乱交29



  《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…6

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4
⇒夏の島でAV女優と…5


ついにメインイベントの時間。

いよいよ本番SEXとなった…


ここで改めて、このエロ本イベントの基本的なルールをおさらいしておきます☆


参加した男性陣は必ずしもえっちが出来たり、

美味しい思いができるわけではない。

風俗とは違い、あくまで「撮影」がメイン。


最後には「本番SEX」「全員ぶっかけ」がある。


本番SEXはAV女優さんと本当にえっちができるが、

お相手できるのは選ばれた1人だけ。

単純に考えても女優さんは3人なので、

男が20人いても最大でも3人しかえっちは出来ない。

だから参加者が多すぎるとライバルが増えて確率が下がる…。


その救済措置として「全員ぶっかけ」がある。

コレは文字通り、男性全員がシコって、

女の子に精子をぶっかけちゃうと言うもの…。

男性の場合、発射しないと収まらないからね~(笑)


これは以前参加した時も同じだった。

「AV女優と…」の時は、私は見事本番をゲットできた。

「AV女優とお花見」ではギリギリで本番を逃したけど…


果たして今回は……!?




ここで少し話は反れるけど…

1人の男性参加者のことを述べておく。

彼の名は、マサさん。

40~50歳ぐらいのハゲあがった小柄なオジサンだ。

彼はこのイベントの常連であり、

「AV女優とお花見」の時にも参加してた。


この人↓
夏の島☆大乱交8



エロ本ばっか読んでてこんなイベントとか参加して…

さぞモテないオッサンなんだろな~

(私も人のことは言えないが…(笑)


よくしゃべるマサさんは私に話し掛けてきた。


「どーしてもこころちゃんとえっちしたいのー!!」


いやいやオッサン…

そんなんみんな考えとることは同じやで~!?

アンタだけと違うで~!?


どうやらマサさんは以前にも別のエロ本企画に参加し、

こころちゃんと会ったらしい。

しかし最後の本番争いに敗れ、悔しい思いをしたので…

今度こそこころちゃんと本番をしたいんだ!!

…と意気込んでました。


マサさんは明るくにぎやかな人だったが、

やたらとしゃしゃり出てた…。

スタッフに気を遣ったり、自ら手伝いを買って出たり…

自分を一生懸命アピールしてるようだった。


なんかこのオッサン必死だな~

私は冷ややかな目でその様子をずっと見ていた。


そんなことより女優さんと親しくなるほうが楽しくね~!?


私はスキを見ては女優さんたちに話しかけ、

仲良くなる努力をしてた♪

事前にブログをチェックして話題にしたのもそうだし…

「一反もめんのバスタオル」も持ってきたのもそうだ。

色んなネタできっかけを作って印象に残るようにするため☆


ちなみにこの時、私は派手なアロハシャツを着てたんだけど…


「その服、イヤでも目立つよね~


と、みらいちゃんから話しかけられた。

よしっ…狙い通り♪

これも他の男性より目立とうと思っての作戦。


以前にも書いたけど、エロ本イベントに参加してくる奴って、

ほとんどモテなそうなオッサンとかが多い…。

周りは当然知らない奴ばっかだし、

女の子にどう話しかけていいか分からない奴も多かったと思う。

そんな中、私は女優さんと仲良くなろうと、

しょっちゅう話し掛けてた。

私は社交的だし、会話でも楽しませれる自信あったしね♪

たぶん私が彼女たちと一番話をしてたと思う…。



そしてついに…


本番SEXの時間がやってきた。


本番するのは、こころちゃんとみらいちゃんの2人。


そして彼女たち自身が相手の男を選ぶことになった…。



まずは、こころちゃんから…☆


我こそは…!!


男性陣の全員が一斉に手を挙げる…


「え~っ…!?


こころちゃんがめっちゃ迷ってる…。


この時…

誰よりも必死にアピールしてたのが…マサさんだった。


「はい!!はい!!はい!!はーい!!



その勢いに押されたのか…


こころちゃんは苦笑しながら…


「じゃ、彼で… ^_^;」



マサさんを指差した。


飛び上がって喜ぶマサさん…!!


そっか…こころちゃん、こんなハゲたオッサンでもいいのか~(笑)

ま、執念が実って良かったねぇ~

かなりウザキャラな人だったが、どっか憎めない人だった。



そして、お次はみらいちゃん…☆


これがラスト…最後の1人。



「う~ん…どうしょう…


みらいちゃんもめっちゃ悩んでる…。



オレ、オレ…!!


ギラギラした視線を送る男性陣…


ドキドキ…


張り詰める緊張感…


彼女たちと仲良くなれたと思ったし、

私なりにアピールしたつもりだ…!!






そして…



悩んだ末に…



みらいちゃんが一言…



こう言った。



「あの人がさぁ…イチバン勃ちがいいと思うんだよね~…



そう言って…



指を差したのは…










私だった





《続く》

夏の島☆大乱交19



ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…7

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4
⇒夏の島でAV女優と…5
⇒夏の島でAV女優と…6


「あの人がさぁ…1番勃ちがいい と思うんだよね~…


そう言って…

指を差したのは…


私だった



おぉっ、マジか~!!

ヤッタ~!!


今も忘れ得ぬ印象的な言葉でした


一生懸命アピールした甲斐があった…♪


20名以上の男の中から選ばれたという優越感…。


もしかしたら彼女も私のことをいいと思ってくれたのかも…


みらいちゃんと2人で壁際に並んで座った。

ここで初めてキスを交わした…

彼女はフェラはしてたけど、まだキスは誰ともしてない。

私だけが彼女のキスのお相手だ…

まったりと舌を絡め…

熱くて、濃厚なキス…。


この時、みらいちゃんが私に言った。


「キス…うまいね


おや、そぅですか!!

女優さんにそう言われると自信になるね~

たとえお世辞でもうれしい…♪

一気に目の前のみらいちゃんが愛しくなった…


今だけでいいから…恋人気分になりたい…


横に並んで座ったまま、再びキスをした。


みらいちゃんの右手が私の股間に伸びる。

固くなった私のモノに触れてた…。


私も手を伸ばして、彼女の股間に触れた。

もうしっとりと濡れていた…。

ヌチュッ…

中に指を挿れる。


みらいちゃんが私のモノをしごく…。


2人でお互いの性器を触りっこ…


この時、以前「AV女優と…」の話で、

スタッフに言われた言葉を思い出した。

「指入れちゃダメだからね」

素人の男が女優さんのアソコを弄ると痛がる可能性がある…。

だから指マンは禁じられてた。

このイベントでも、誰も彼女たちのアソコには触れていない。

しかし今、私だけはみらいちゃんのアソコに触れることを許されてる。

何とも言えない優越感と興奮する状況…。


クチュクチュクチュ…

シコシコシコシコ…


そろそろ挿れちゃおうか~


私がゴムを装着すると…


みらいちゃんがそのまま私の上に乗っかってきた。

イスに座るようにおしりを向け、私のモノを握ると…

そのまま腰を降ろしてくる。

私は壁際で座ったまま、いきなり背面座位で挿入…


「あぁっ、あっ…ああ~


みらいちゃんの喘ぎ声が響きわたる…。


彼女は激しく腰を動かして私のモノを味わっている…。

私のモノでみらいちゃんが感じてると思うとうれしい…。

後ろからおっぱいを鷲掴みする。


他のメンバーから見られてることなんてもう気にしない。


みらいちゃんはダンスが得意だと言ってた。

私の上で腰を降り、見事なダンスを披露してくれてる…


私からは彼女の顔が見えない。

ただし向こうから見たら丸見えの状態。

男たちの視線を集め、カメラに撮られている。

⇒画像はコチラで公開

みらいちゃんは大きく脚を広げてるので、

しっかり繋がっているとこや感じてる表情を…

ばっちり見られている。


すぐ横では、こころちゃんとマサさんが、

激しく絡み合っている。


その時、タマのあたりに今までにない刺激を感じた。


「……!?('_')」


なんだ、この感覚…!?


目の前でみらいちゃんが私に乗っかってるので視界が悪い。

よーく見ると…

なんと…


りこちゃんが私のタマをナメている…!!


みらいちゃんのアソコに挿入しながら…

りこちゃんにナメられていると言うスゴい状況…

これは私もさすがに初めての体験…。

味わったことのない刺激だった…

⇒画像はコチラで公開



しかしここで異変が起きた…!!



ずーっと背面座位の姿勢で彼女が激しく動いてため、

私の腰が圧迫されて、だんだん感覚がなくなってきたのだ。


そのため私のモノが小さくなってしまった…


「……!?(-_-;)」


みらいちゃんも異変に気付いたようだ。

し、しまった~

腰が痛くなってきたのをガマンしすぎたか…



そこでみらいちゃんにもう一度、

手コキで勃たせてもらったのだが…


ここで信じられないことが起こった…!!



まだ半勃ち状態のままなのに…

みらいちゃんの手でイッてしまったのだ…!!!




《続く》

夏の島☆大乱交12



ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…8

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4
⇒夏の島でAV女優と…5
⇒夏の島でAV女優と…6
⇒夏の島でAV女優と…7


まだ半勃ち状態のままなのに…

私はみらいちゃんの手でイッてしまった…!!!


そ、そんなバカな…!?


こんなことは初めてだ…


「ゴメンね、ゴメンね… 私が強くしごきすぎたね…


みらいちゃんが謝ってきた。


マズい…

ここで私が萎えてしまったら、代わりの男が選ばれてしまう…。


彼女を他の男に取られたくない…!!


「いや、大丈夫だよ… そのまま続けてて…


落ち着いて…

そのまま彼女に手コキを続けてもらう…


深呼吸して…

神経を集中させた…


すると…



奇跡が起こった!!



すぐさま私のモノが復活したのだ!!



その間、わずか1分…!!


正直、自分でもビックリなほどの復活。

いまだに覚えてるほど、これは自己最短の記録だった。


よし、これならイケる…


再びゴムをつけ、今度は正常位で挿入。


「あぁ~ん…


今度はみらいちゃんの感じてる表情がよく見える…。

今度は私が責めてやる番だ。

パンパンパン…

さっきイッたばかりだが、もう遠慮なしに突く。


「あぁん…あぁああぁん…


すぐ隣りで、マサさんもこころちゃんを激しく突いている…。


りこちゃんは他の男たちと戯れたりしている…。


「あぁっ、あぁあぁ~ん…


「ぁあぁあぁ~…っ!!



彼女たちのいやらしい声が響き渡る。


くんずほぐれつの大乱交…


⇒画像はコチラで公開

そして…






「終了~…!!」




本番SEXの時間は終わりを告げた。


私はついに女優さんとのえっちを果たした

大満足だ…☆


マサさんも念願だったこころちゃんとお相手できた。

だが…どうやらマサさんは時間内にイケなかったみたいだ…。


せっかくえっちできたのに…

発射できなかったなんて…(笑)



その後…


最後に「全員ぶっかけ」が行われた☆


この相手を務めるのが…りこちゃん


彼女は居並ぶ男性陣の前で、電マを使って…

1人でしてる所をみんなに見せつけた…


「あはぁぁ~ん…


りこちゃんが潤んだ表情でみんなを挑発する…。


興奮しきった男たちが自らのモノをしごき…

絶頂に達した者から、次々と彼女に発射していく…。


「もっといっぱい出してぇ~…!!


彼女も淫語を連発しまくる…

顔に…手に…カラダに…

全身に白い液をぶっかけられるりこちゃん…。

彼女は20人近い男性の精子を全てカラダで受け止めた…。


⇒画像はコチラで公開


ちなみに私は参加してない。

さっき出したばかりだしね…。

みらいちゃんと楽しくおしゃべりしてました

えっちしちゃった関係だし、

彼女とはけっこういい雰囲気になれた…


これで本日のイベントは全て終了…☆


女の子たちとスタッフは隣りのコテージに戻った。


私はこの時…

仲良くなったみらいちゃんにプレゼントをした。


あの…「一反もめんのバスタオル」だ☆

一反もめん


みらいちゃんが欲しがってたようだし、

せっかくの記念に彼女を喜ばせたくなった…



「ホント~!?ありがとう


みらいちゃんはめっちゃ喜んでくれた。

私もうれしくなった♪


「楽しませたい」「喜ばせたい」

私の考え方は基本的にいつも変わってないと思う。



その日の彼女のブログには…

「一反もめん」が登場していた。


みらいちゃんが一反もめんにまたがり…

ゲゲゲの鬼太郎になりきった写メを載っけてた。

おしぼりを丸めて作った「目玉のオヤジ」を髪にのせ…

片目を髪でかくして再現度はかなり高かった。

(髪の長さがちょうど鬼太郎サイズなのもハマってた…。)


残念ながらその写メはないのだが…

これには私もちょっと感激した☆



そして…その後は飲み会でした。


夏の島☆大乱交45



《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…9

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4
⇒夏の島でAV女優と…5
⇒夏の島でAV女優と…6
⇒夏の島でAV女優と…7
⇒夏の島でAV女優と…8


その夜は飲み会でした。

男性メンバーでコテージで宴会しつつ、

飲んだり食べたりしてた。


みんな見知らぬ者同志だけど、わいわい騒いでた。


エロトークでやたら盛り上がってた。


そういや…女優さんたちはどうしてんのかな~!?


せっかくだから一緒に飲み会できたらいいのに~


ちょっと気になって、隣りのコテージの様子を見に行った。


すると…


中から声が聞こえてくる…。




「あぁ~ん…あぁあ~…





えっ…!?(-_-;)


まだ撮影してんのかよ!?


つーか、スタッフだけでエロいこと楽しみやがって…!!


ちくしょ~俺も混ぜろ~!!


…とか思ったけど、1人だけ抜け駆けしたらマズいよな…?


まして私は、さっき本番して一番いい思いをしたわけだしな…。


なんて考えながら…

夜中に1人でたたずんでいたら…

カメラマンのオジサンが外に出てきた。


「まだ撮影してるんすね~」なんて会話してたら…


何を思ったのか…オジサンがカメラを私に向け、


「ちょっと自分、そこに立ってくれるか?」


えっ、なんで…!?

いいから、いいから~

と言ってオジサンはパシャ…


なんで私なんかを撮るの…!?

私の写真なんて、エロ本に載せても意味ないだろ…?

そう思ってたら…


後日、発売された雑誌を見てビックリ。


しっかりとその時の写真が載ってたのだ…!!


それがこちら↓

F1070002.jpg




「蚊取り線香持っていきましょうか?」


おいおい、そんなこと言ってねーし


なんかダマされたわ…^_^;(笑)



こうして1日目の夜はふけていった…。



2日目の朝。


私は密かに期待してた。

朝イチか夜中に…

女の子たちが我々の寝室に襲いかかってくるかも~!?

なんて「夜這い企画」があるかと予想したが…

何もなかった…(笑)


どうやら昨夜遅くまで彼女たちと撮影をしてて…

疲れきった女の子達は爆睡してるらしい…。


おいおいスタッフ~!!

アンタらだけで楽しむからだよ~


けっきょく…もうこれ以降はエロい撮影はなかった。


撮影は昨日で全て終了で、あとはブラブラして帰るだけ。


野外の見晴らしのいいテーブルで昼ごはんにすることに♪


ここで女の子3人も合流し…

みんなで一緒に昼ごはんを食べた☆


F1070001のコピー



私はみらいちゃんの隣りをしっかりキープ

F1070045.jpg



AV女優さんと食事だなんて、めったにない機会!!

せっかくなんで色々と聞いてみた。


「ぶっちゃけ今までどれくらいの人数とえっちしたことある~?」



「え~!?数え切れないよねぇ~ 1000人ぐらいじゃない…?」


えぇっ…!?(◎o◎)


「1回の撮影で30人まとめてとか…あったしね~


こう答えてくれたのは、こころちゃんだ。


ケタが違いすぎる…(+o+)



「じゃあ、今までで一番気持ちよかったのはナニ!?


これには3人が口をそろえて言った。



「電マ!!



実はワタクシ…

この時までは電マを使用したことはなかったのだが…

この瞬間、買うと決めた…!!(笑)


こんな話って非常に貴重だよね~。


りこちゃんがずっと静かで大人しかったので、話を振ってみた。



「りこちゃんの趣味って何~!?」



この時の彼女の答えは非常に衝撃的だった。






「りこ、趣味って言ったら…オナニーぐらいしかなくって~




………(゜Д゜)


私はこのセリフを一生忘れないだろう。


「そ…それは素敵な趣味だね…


思わず…訳のわからんフォローをしてしまった(笑)


いや、私たちは君がAV女優だと知ってるからいいけどさ…

全く知らない人から同じ質問をされたらどう答えるんだろ…!?(笑)



とにかくこんな会話で盛り上がった。


やってることはほとんど合コン。

エロトーク満載で下ネタはいくでもOK…

彼女たちもノリノリで色々教えてくれた


ヤバい、めっちゃ楽しい…

もうエロはないけど、彼女たちと色んな話ができたのは、

非常に貴重な経験だった…☆



そして…


最後に…



私は1つ、ドキドキの賭けをした…


さて、それは一体なんでしょう…!?


F1070040.jpg


  《最終回に続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…10

前回までの日記はこちら
⇒夏の島でAV女優と…1
⇒夏の島でAV女優と…2
⇒夏の島でAV女優と…3
⇒夏の島でAV女優と…4
⇒夏の島でAV女優と…5
⇒夏の島でAV女優と…6
⇒夏の島でAV女優と…7
⇒夏の島でAV女優と…8
⇒夏の島でAV女優と…9


3人の女優さんとの夢のような時間も、

ついに終わりが近付いた。


そしてここで…


私は最後にドキドキの勝負に出た。



それは…





女優さんを口説くこと!!






昼ごはんのあと、いったんコテージに戻ろうとしたその時…


誰も見てないのを確認して話し掛けた。



お相手はもちろん…





「みらいちゃん…




「…!?」


F1070041.jpg


振り向いたみらいちゃんにそっと手渡した。


「これ…」



私の名前と連絡先を書いたメモだ。



「たぶん連絡してくることはない…と分かってるけど…

良かったら連絡して来て…




みらいちゃんは困った様なうれしい様な顔で…

こう言った。




「いゃ~んこんなことされたら絶対忘れられなくなる~



メモを受け取って、サッとポケットにしまった。



私の行動はたぶんこういう現場ではNGだろう…。


おそらく彼女たちもこの手の行為は禁じられてると思う…。


でも…それでも渡さずにいれなかった。


みらいちゃんとはえっちもしたし、一番仲良くなれた。



だが彼女にとっては単なる仕事上での相手にすぎないだろう…。


連絡してくる可能性なんて、まずない。


そんなことは分かってた。


しかしここでお別れしたら、もう2度と会うことはない。


この時間を「終わり」にしたくなかった。


「連絡が来るかもしれない」という希望を残したかったのだ。



第一…みらいちゃんから連絡が来たとしてもどうすると言うのか?


彼女は東京、私は名古屋。


もし仮に、付き合おうって話になっても出来るんかい…?


会ったばかりなのに、みらいちゃんのことが好きなのか…!?


そこまで考えてたわけじゃない。


ただ、ムリだと分かってても希望を持ちたかった。



そしていよいよ彼女たちとのお別れ…。


式根島からフェリーで東京に戻り、そこで解散した…。










地元に帰ると、また元の生活が始まった。


そして…




みらいちゃんからの連絡が…



















来ることはなかった…!!






あれから彼女たちの出演するAVを借りて見たり…


彼女たちのブログにも時々書き込みをしてたが…


今はもうブログも閉鎖された。


3人とも既にAV女優を引退している。


mixiでこころちゃんを発見したが、それも今はもうない。


彼女たちが今はどうしてるのか、私には分からない。


だけどあの時の思い出は今も鮮やかに残っている。


出演した雑誌はもちろんいまだに持ってるし、


写真を見る度に光景がよみがえってくる。


みらいちゃんは私のことを覚えてるだろうか…!?


もう私のメモは捨てちゃったかな…?



少しでも覚えてくれてたらうれしいな…



私にとっては素敵な思い出となってるのだから…




そんな…AV女優さんとの体験談でした


F1070042.jpg

F1070043.jpg

F1070044.jpg



次回の日記にて、雑誌に掲載された写真を限定公開します☆

見たい人は、飛藤 健までメールして下さい。

⇒飛藤 健へメール




   《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

夏の島でAV女優と…写真集

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

暑中お見舞い申し上げます

暑いですね~


今年の夏はめちゃくちゃ猛暑が続いてますが…

皆さん夏バテしてませんか!?


今日はちょっとだけ私の写メを公開しちゃいます…


暑いので、こんな格好をしてみました☆


F1150063.jpg
F1150040.jpg




どーですか!?



これは「プーさん甚平」です!!


かわいいでしょ!?


ワタクシこの格好でカラオケとか行ったりしますよ☆


あー…でもやっぱり暑いので…

脱いじゃおっかな

F1150035.jpg
F1150036.jpg



この1週間…あまりにも暑い日が続いてますが、自分でもビックリするほど汗をかいてます…


私はもともと汗っかきなんで、夏はめっちゃ汗をかくんですが…

その上私の仕事は体力を使うので、仕事中は滝のように汗が出る…


実はお盆もずっと仕事だったので…毎日めっちゃ汗かいて、シャツもパンツもエラいことになってる…


もちろんちゃんと水分は補給してるけど、1日4リットル以上もガブガブ飲んでますわ…。

とりあえず熱中症や脱水症状になったことはないし、夏バテもしておりません☆


私はいたって丈夫で健康なんで問題はありません。


ただ…


こんだけ汗をかくってことは…



えっちの時にも大量に汗をかくんです!!



もともと汗かきな上に、相手を気持ちよくさせようと全力を尽くすので…

いっつも汗だくです


相手の体に汗をポタポタ垂らしてしまうし…

抱きあうと相手もベタベタにさせちゃうし…

いつも悪いなぁ~

気持ち悪くないかなぁ~

と心配になります…



ヒドい時なんか…


えっち
 ↓
汗だくなのでシャワー浴びる
 ↓
再びえっち
 ↓
また汗だくになりシャワー浴びる
 ↓
さらにえっち
 ↓
またまた汗だくになりシャワー


なんてこともありました…(笑)

アホですね~



まぁ、汗かくのは健康な証拠ってことで


たぶん…チンチン代謝が活発なんです



女性のみなさん…


こんな汗っかきな男ってどう思いますか~!?


イヤじゃないですか…?


ご意見、聞かせてくださいね






《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

お酒を飲むとえっちになる 前編

女の子を口説く手段として昔っからの定番と言えば…

「お酒を飲ませる事」


ほろ酔い気分にさせていい雰囲気になりそのまま…

やっちゃった…

なんて、よくある話だと思う。

実際、私も過去…飲みに行って女の子をオトしたことあるしね


しかし今の世の中…

コレを狙ってうまく成功させるのってけっこう難しい…。

まず、飲みに行ったら車に乗れない。

車でラブホに連れ込むことができない…。

歩いてくか、タクシーを使わなきゃいかん。


仮にラブホに連れ込めたとしても…

お泊まりは可能なの?

自分はOKでも相手は?

ダメなら終電の時間を気にしなけりゃいけない…。


狙ってる女の子と飲みに行くまでは成功しても、

その日のうちにオトせるかわからない上に、

ホテルへの誘いかたや、お泊りの確認などを考えなきゃならん。


だから飲みに行ってそのままえっちへ…ってのは意外と難しい


でも、そこを上手くできるかどうかで男の差が出るんだよね~♪


では今回、私がどのようしたか…

教えちゃいましょう☆



今回登場する女性は26歳の人妻さん。

いっぺん私と会ってえっちしたことがあり…

私のえっちでスゴく気持ちよくなってくれたので、

「また会いたい」と言ってくれたリピーターさん♪


実は彼女は以前の日記にも登場している。

しかしなかなか予定があわずに会えなかった。

その日も連絡を取った時…


「今日は飲み会なんだ~


あっそう…じゃあムリか

ん…?

まてよ…!?


「じゃあ、飲み会が終わった後で会わない!?」


試しに聞いてみると…


「え~っ、いいの…!?遅くなるよ~!?


ちょっと戸惑いつつも、まんざらではないようだ。

帰りを送ってあげると言うことで、会えることとなった☆


しかも、彼女は……


「お酒を飲むと、めっちゃえっちしたくなる…」


と自分で言っていた。


おぉっ、こりゃ話が早い…!!


酒を飲んでりゃ、車は使えない。

しかし私は全く飲んでいないから問題ない♪

そして彼女は飲んでいるから、すでにえっちな気分…

なんとムダなく、効率的な状況か(笑)


そしてその夜…。

彼女が飲んでいるという名古屋駅前にて、

時間を見計らって車内で待っていると…

「終わったよ~」

と彼女から連絡が入り、彼女と無事に出会う。


もう時刻は12時近く…。

彼女は自宅に帰らなきゃいけないので、

ホテルでゆっくりはできない…。


車内でしちゃおうか…

コレはあらかじめ決めていた☆

時間がもったいないので、

どこか広くて人の来ない駐車場を探す…。

とある広い駐車場を発見し、

出来るだけ隅っこに車を停め、

誰もいないのを確認すると…


そこでゆったりとキス…

もうこの時点で彼女の息は荒い…

すでに興奮してるようだ…


後部座席に移動して、さぁおいで~

もうガマンできない…といった表情で私の上に乗ってくる彼女。


「犯していい?」


なんてえっちなセリフなんだ…

今日の彼女はえっちに積極的だ。

どうやら彼女は飲み会の最中、

ずっとそのことを考えてたらしい…。

ドキドキ期待して楽しみにしてたのだろう…


いいんだよ…もうガマンしなくて…

本能のおもむくままに欲望をさらけ出すんだ…

私のカラダを自由に使って、キミの性欲を満たしなさい


私の上着をバッとめくると、

彼女は私の乳首に吸い付いた…。

チロチロ…

チュウチュウ…


「あっ、うぅぅ…


私のほうが先に喘ぎ声を挙げた…

どんどん激しく私のカラダを刺激する彼女。

私がズボンを脱ぐと、彼女はたちまちお口でくわえた。

そぅか…そんなに私のをくわえたかったのか~

2人とも裸になり、私が責める…


「あぁっ…人が来ちゃうよ~


大丈夫、誰も見てないって~♪


くちゃくちゃくちゃ…


「もうガマンできない…


そうか…

早く挿れて欲しかったんだな


それじゃあ……


と思ったその時…!!



一台の車がこちらへ近づいてきた…。


息をひそめていると…


私達の車の真後ろで止まり、

パッとライトで照らしてきた……!!!



《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

お酒を飲むとえっちになる 中編

前回までの日記はこちら
⇒お酒を飲むとえっちになる 前編


彼女との車内の情事の最中…

一台の車がこちらへ近づいてきた…。

私達の車の真後ろで止まり、

パッとライトで照らしてきた……!!!



なにぃ…!?

もしかしてヤバい連中か!?

ヤンキーとかチーマーじゃねえだろな?

さっさと通り過ぎればいいのにぃ~!!

カラんでくるようならば、彼女だけはナンとしても守らねばならん…!!

そんな考えが頭をよぎった…。



車から降りた1人の男が私の車に近づいてくる…


コンコン…


窓をノックしてきた!!


あ…


ヤ、ヤバい…



警 備 員 だ !!




「オタク、○○会社の社員さん?」


どうやらここは○○会社の駐車場のようだった…。


これでは立場が不利なのはこっちだ…。


向こうは正当に任務をこなしているだけ。

センサーにでも反応しちゃったのだろうか…?

マトモに相手しても、状況は悪くなる。


「あっ、ハイ…どうもスイマセンでした!!すぐ出ますんで…


適当に返事して…

慌てて車を出し…

逃げてきた!!!



全裸のままで…(笑)



か、カッコわりぃ~…


私、生まれて初めて全裸で車を運転しましたが、何か?



もちろんナニをしてたのかはバレバレだろう…


しかし警備員も慣れた感じでした。

おそらくこんな事はしょっちゅうなんだろうね…

警備員さん、ゴメンナサイm(__)m




ヤバかったけど、ようやく落ち着いた…。

今度は近くのパチンコ屋の駐車場に車を停めた。


なんだか冷めてしまい、もうえっちな気分じゃない…


な~んて…


私がそんな事言うと思う!?


せっかくやっと会えたチャンスなのに…

この程度じゃ諦めませんよっ!!

彼女も楽しみにしててくれたんだしね


てことで…

再び後部座席に移動して…

もっぺん最初からやり直し☆


私の車は、3列シートのデカいワンボックス。

2、3列目のシートを倒せばベッド状態になる。

さらにその上にマットを敷いてあるので完全にベッドである。

そしてカーテンを付けてあるから外からは見えない。

まさに動くラブホ…(笑)

これ以上えっちをしやすい車はないと思える。


私が全裸で車を走らせてる間、

いつの間にか服を着ていた彼女。

もっぺんひっぺがし、裸でイチャつく…


「見られちゃうよ~…


大丈夫…

今度こそ誰も来ねぇ…

と言うか…、

彼女は「見られるかもしれない」ことに興奮しているのだ…

彼女の羞恥心をあおり、さらに興奮させてやろう…

下半身は持ち上げてひっくり返し…

「まんぐり返し」にさせる。

まんぐり返し



アソコをどアップで見られちゃうという恥ずかしい体勢…

動けぬ彼女に、電マ責めでの洗礼…


「あぁっ…やだ、恥ずかしい見られちゃう~…!!



「そうだね~見られちゃうかもね…


ウィィィ~ン…

ほら、感じてる顔とアソコがどアップで見えてるよ~


「あぁっあぁっ…イ、イッちゃいそう…


よーし、イッちゃえよ…

アソコがイク瞬間とその表情をじっくり見ててやるから…

全部見られながらイクんだ…!!


「うぅっ…


びくん、びくんっ…


彼女はまんぐり返しのままイッちゃった…


こんな体勢でイカされたのは彼女も初めてだったようだ…。




 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

お酒を飲むとえっちになる 後編

前回までの日記はこちら
⇒お酒を飲むとえっちになる 前編
⇒お酒を飲むとえっちになる 中編


彼女はまんぐり返しのままイッちゃった…

こんな体勢でイカされたのは彼女も初めてだったようだ…。

車の中にて、彼女とのえっちは続く…


私自身のモノで彼女を突きまくる…


彼女が最も好きな体位である騎乗位で…


「あぁっ!!イッちゃうよぉぉ…


「よし、オレがおっぱい揉んでてやる…

オレにおっぱい揉まれながら、自分でイケっ!!」



あぁあ~~~


びくっ…びくっ…


彼女は騎乗位でしっかりイッた…


しっかりとゴム発射した後、彼女がお口で綺麗にしてくれた。


ごっくん…


しかし彼女の舌は止まることなく…

ぺちゃぺちゃ…

くちょくちょ…

私がイッたあともずーっとナメ続けている…。


今日の彼女はホントにエロい…☆

もちろんお酒の勢いもあるだろう。

お酒で高ぶった彼女の性欲は、

1回のえっちじゃ物足りないようだ…。

それなら今日は思いっきりエロくなってもらおう…

彼女の好きなだけナメてもらい、好きなだけえっちしよう…


いっぺんイッて小さくなった私のモノだが…

彼女がナメ続けてると、そのうち復活してきた…


「もう、いいかな


適度に固くなったモノを自分の舌で確認すると…

彼女は私の上にまたがった…☆


ぉ、おい…

まだゴム付けてないのに…

しかし、彼女はもう待ちきれない…


「いただきま~す


まるでごはんを食べるような感覚で、

そのまま騎乗位で、私のモノをずにゅっ…とくわえ込んだ☆


「あぁっ、ああぁっ…!!


むさぼるように、自ら腰を振り、私のモノを味わい尽くす…


「そうだ…いいぞ… 今夜はとことんえっちになれっ!!」


彼女の性欲を満たすために私のカラダが自由に使われている。


彼女の激しく乱れる姿は普段のおしとやかな姿からは想像もつくまい。

さっきまで彼女と飲んでた友人たちは、

まさか彼女が今こんなに乱れてるとは夢にも思うまい。


「バックで犯して…


彼女はそう言って四つん這いでおしりを突き出した。

もう淫語もためらわず言えるドすけべになっている…♪


よーし、わかった…

いっぱい犯してやろう


ずんずんずんずん…

バックで奥まで突き刺さる感覚…

彼女が歓喜の喘ぎ声をあげる。

そして最後に正常位…


「よし、イクぞっ!!どこに出して欲しい!?」



「か…顔にかけて


ほう、顔射がいいのか…

わかった♪

ぬぽっ…と抜いて、

どぴっ、どぴっ…

と、彼女の顔面にぶっかけた…


ようやく2人とも満足した後、

彼女を自宅まで送り届けました。

多少トラブルもあったけど…

きっちり最後までできて満足でした。


「あ~楽しかった!!満足したぁ~またしたいね


とは彼女の感想…☆


彼女がこんなにえっちなのは…


もちろんお酒のせいですよね…!?(笑)



 《終わり》 


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

高校2年の告白 前編

以前の記事で、人生で初めて告白した時の話を書いた。

⇒初めての告白の話



今回は、人生で2回目の告白をした話である☆


高校生の時、違うクラスの女の子を好きになった…。

彼女の名は、いくちゃん(仮名)

いくちゃんは細身で色白で髪はストレートのロング。

吹奏楽部でフルートを吹いてた大人しい女の子。

清楚なお嬢様みたいなタイプだった…


好きになったのはたぶん一目惚れだったと思う。

クラスも部活も違うし、全く接点がなかった。

廊下で見かけるだけで、彼女としゃべるきっかけがなかった…。


彼女の名前を知ったのは体育祭の時。

名札つきの体操服だったので、すれ違った瞬間にチェックした。

“4組の○○(名字)ちゃんか…”

しかしやっぱり彼女に話しかけることは出来なかった。

ただ遠くから見ているだけだった…。


今の自分ならばきっかけなんかいくらでも作れる。

彼女の友達を同じクラスの中から探して、友達から情報を得るとか…

彼女のいる吹奏楽部に体験入部してみるとか…

近づく手段はいくらでも思いつく。

しかし当時の私には積極性もなく、思いつきもしなかった。

何かしらのチャンスを待ったが、きっかけは全くなかった…。


何事もなく2年生をむかえたが、彼女とは学科が違うので、

同じクラスになることは絶対ない。

学生の時なんてクラスや部活が違えばほとんど接点がない。

このまま何も進展がないまま終わってしまうのかとも思えた。


しかしある日、彼女と同じクラスのA君と話をする機会があった。

A君はやたら情報通で、おしゃべりな男だった。

A君との話が盛り上がったついでに、探りを入れてみた。


「自分らのクラスで誰がかわいい?どの子が人気ある?」


「あぁ、そうやね~B子ちゃんとか、C子ちゃんかなー♪」


いくちゃんの名前は出てこない…

大人しくて地味めな彼女は人気ないのか…?

彼女を狙う男はいないのだろうか…?

だとしたら狙い目なのか…?


「いくちゃんってどうなん…!?」


ついでに聞いてみたら…


「あぁ、あの子はいい子だよ~。


なんか彼氏欲しがっとるらしいし…。




………(@_@;)!!



マジで…!?



この一言は私を一気に興奮させた……!!


どこまで信用していいかわからないA君の情報を真に受けて、

一気に彼女に告白したい気持ちになった…


思えばこの一言が私を狂わせたのだ…。



その次の日…

授業が終わった放課後、

部活に行こうかと教室のドアをガラッと開けた。

するとそこに…

彼女がすぐ目の前に立っていた……!!



《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

高校2年の告白 中編

部活に行こうかと教室のドアをガラッと開けた。

するとそこに…

彼女がすぐ目の前に立っていた……!!



ドキッ…


いきなり現れた彼女の姿を見て一瞬で心臓が高鳴った。

どうやら彼女は、私のクラスにいる友達を待っていたようだ。

その子と一緒に帰る約束をしていたのだろう。

決して私を待っていたわけではない(笑)


“彼氏ほしがっとるらしいよ~”

昨日A君から聞いた情報で、彼女への気持ちが高まっていた。

そこへ今日、ドアを開けたら彼女を目の前で見てしまった。

私は我を忘れて、彼女の後をフラフラと付いていった……


彼女と女友達の2人は自転車に乗って下校するようだ。

私は何も考えられず、自分の自転車に乗って彼女たちの後を付けた…。

(オイオイ…俺一体何やってんだよ…!?)

自分でも興奮しまくってて、何がしたいのかわからない…。

このあと部活があるのに、何で自転車乗って彼女を追っかけてんだ…!?


楽しそうに会話してる彼女たちは、全く私に気付いてない。

近付き過ぎず離れないよう一定距離を保ちつつ彼女の後を付ける。

今にしてみればストーカーに近い…

だが当時はそんなこと全く考えてない。

勢いのまま追っかけてきただけなのだ。

どうしょう…どうしょう…!?



彼女たちが近くの駅に着いた。

わかった…彼女は家から電車で通って、

駅からは自転車に乗ってたんだな。

駅に着くと友達と2手に別れた。

おそらく駐輪場が別々なんだろう。


彼女が1人っきりになった瞬間……


「いまだっ…!!


私は自転車を置いてダッシュで彼女に駆けより、

彼女の名前を叫んだ…。


「○○○○さん!!!」


あ、しまった…(・・;)


いっちまった…(>_<)


ハッとして、振り返る彼女。


どうしょう…


もういくしかねぇ…!!


彼女と2人っきりなんてこれが初めて…。

私は彼女を知っているが、彼女は私を知らない。

この状況で言うことなんて…告白しかない!!

でもなんて言おうかなんてさっぱり考えてない…。


視界が真っ白になった……


冗談ではなく、ホントに目の前が真っ白になったのだ…

あまりの緊張と興奮のためだと思うが、

目の前が真っ白になった経験など、後にも先にもこの時だけだ…


あ、だんだん見えてきた…。

視界が戻った私の前には、憧れの彼女が戸惑った表情で立っている。



「あのぅ…今、付き合ってる人っていますか…!?


勇気を振り絞って聞いた。



「…いぇ、いません…



うつむき、答える彼女。

この空気を察したのだろう…

明らかに恥ずかしがっていた…



「じゃあ…良かったら、オレと付き合ってもらえませんか…!?」



ズバッと言ってしまった…


彼女はうつむき、色白な肌が真っ赤になって照れていた…。

彼女の恥じらう表情は強烈に可愛いかった…

今もその表情は鮮烈に覚えている…



無言の時間が流れた。


そしてそのあと…


彼女が小さくつぶやいた。




「いま、好きな人がいるから……






……………(ーー;)




「そ、そぅですか…、わかりました…ゴメンナサイ!!




私はその場をダッシュで走り去った。

ねるとんでフラれた男が走り去るように…。

そのまま学校へと戻った…。



茫然自失のまま部活に行くが、集中なんかできるワケない…。

明らかにおかしな私に、何かあったのか?と友人が声をかけてきたほどだ。



一年半もの間、密かに抱いていた私の恋心。

しかし結末はあまりにもあっさりとフラれ…

一瞬にして終わりを迎えてしまった…。



私の何がいけなかったのか…!?



今考えれば答えは明らかだ。

彼女にしてみれば、全く話したことない男から告白されたって、

OKするわけないじゃん!!

相手の心境を考える余裕がなかったのだ。


憧れの彼女に勇気を持って告白したら…OKだった!!

…なんてマンガみたいな展開を夢見てたんです…。


勢いにまかせた暴走であり、

「認めたくないものだな…若さゆえの過ちというものを…」

って感じの青春の恥ずかしい思い出です。



さて、この話は本来ならここで終わりなのですが…

実はその後にも彼女とのエピソードがありまして…

その話は後編にて書きたいと思います……




《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

高校2年の告白 後編

前回の高校2年の告白から時は流れ…

今度は私が大学生の時。


当時組んでたバンド仲間と集まっては、よくゲームをしていた。

ゲームはトランプだったりプレステだったりしたが、

負けたものにはキョーフの「罰ゲーム」が待っていた。


全裸で踊れとか…

ローソクをたらされるとか…

アホだけど、屈辱的なものばっか。

(私はホントにローソクをたらされた…笑)


そんな悪ノリがエスカレートしたある時の罰ゲームが、

「高校の時好きだった女に電話する」

だった…。



はい、みなさんもうお分かりですね…!?

そーゆーことです…。


この時ゲームに敗れた私は、高校の時好きだった彼女…

いくちゃんに電話をするハメになったのです……!!


もちろんめっちゃイヤでした…

フラれたとはいえ、彼女は私の中では大切にしてた存在。

好きな彼女に迷惑をかけるようなことはしたくない…

しかし仲間に迫られ、イヤイヤながら彼女の家に電話をかけた…。


携帯がなかったこの当時、電話するのは「家」にかけなければならない。

家族の誰がでるか分からない緊張感…

この感覚…いまの若い人にはわかんないだろうな?


プルルル…ガチャッ

「もしもし、○○さんのお宅ですか?」

「はい、そうですが…」

「○○さんはいらっしゃいますか!?」

「はい、私ですけど…。」


ドキーン!!


いきなり本人でした…。


ひ、久しぶり~ あ、あのオレ…


みたいな感じで話した覚えはあるけど、

この時彼女と何を話したのか全然覚えていない。

彼女と会話できたことにすっかり舞い上がり、

どーでもいい話ばっかりしてたと思う。

ただ最後に、

「また電話してもいい…?」

「は…はい…。」

という言葉を交わして電話を切った。


やった!!彼女と話すことができた!!

罰ゲームだったけど、私にはうれしい結果となった♪

以前好きだった彼女への想い…。

それが一気によみがえってきた…



一週間後、私は再び彼女に電話してみた。

今度はウキウキドキドキしながら電話した。

これをきっかけに、今度こそ仲良くなれたらいいな…

今ならばうまくやれるはず…

デートに誘いたい…。

私はマシンガントークで彼女と話していたが、

ふと会話が切れた時に…彼女がこう言った。


「ねぇ…、お願いがあるんだけど…」



「ん…?なに…?」



「もう、電話しないで欲しいんだけど…




「……………」





ショックだった。


彼女にとってはこの行為は迷惑だったのか…。


それ以後、2度と電話はかけていない。


私は彼女に2度もフラれたのである…。



私は若い時の恋愛は失敗ばっかりでした。

いま思えば反省する点は多々あります。

失敗は成功の元であり、幾多の失敗があるから今の私がある。

成功例よりも失敗談のほうが参考になる…

と思うのは私だけかもしれないが、

まぁ、この日記を読んで参考にしてくれたら私も幸いです。


もし彼女と付き合っていたら…??


もしかしたら私の人生がかなり変わっていたかもしれない…。


高校の時好きだった相手というのは青春の思い出であり、


私にとって彼女は永遠の憧れの存在なのです…



 《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

ちびっこプール

今日は私の日常の話です。

こないだプールに行ってきたんです。

甥っ子のそらくんと一緒に♪

そらくんは私の妹の子供で、小学3年生のちびっ子です


実は昨年も一緒にプールに行ったのですが、

ちょっとその時の話を…☆


ある暑い日、どーしてもプールに行きたくなり…

そらくんを誘って行くことにしました。

私はめっちゃ叔父バカで、ちびっ子大好きなんですわ~


妹の家まで迎えに行くと…

カニの浮き輪を用意して、そらくんが待ってた。

めっちゃ行く気まんまんやね~

私の車で移動して近くの市民プールに行った。


たっぷり2時間ほどプールで泳ぎ、

そらくんと楽しく遊んだ


プールを出た後、2人で昼食を食べて…

午後からどこか連れてこうと思った。

近くに「こどもの国」とかいう施設があったので、そこへ行ってみる。

そしたら、そこにもプールがあった…


プールをのぞくと、たくさんの子供たちが楽しそうに泳いでる…。

さっき泳いだばかりなのに、この日は日差しが強く、

暑さでまた汗がにじんでくる…。

そして私たちはまだ水着を持っている…!!

…………。

私はそらくんに話しかけた。


「そらくん…



もっぺんプール入ろっか~!?」


喜んで付いて来るそらくん…。


なんと、プールをハシゴしちゃいました~!!


さすがにコレは私も人生で初めて…。

だってまた入りたくなっちゃったんだもん~


再び水着に着替えて、プールに入り…

そらくんとたっぷり楽しみました…


そして夕方になり…

そろそろウチに帰ろうとしてた時…

そらくんが私に言った。



「もう一件プールいこっ!!」


はぁっ…!?(゜Д゜)


おいおい…いま2件もプールいったばっかだぞ~!?

まさかの3件目…!?


そらくんまだ行きたいの~!?


さすがに…行けるかーい!!


もう夕方だから家に帰る時間だし、

2件もプール行ったら充分だっつーの!!


しかしそらくん…

行きたい行きたいと騒ぐ…

むぅう~…(=_=;)



「ママがいいって言ったらね…♪」


とりあえずごまかして、ママ(妹)のとこへ連れてった…。


「ねぇねぇ、行ってもいい~!?」

さっそくママにおねだり。

私が成り行きを説明すると…

「えっ、2回もプール行ってきたの!?行きすぎじゃん…


まぁ、当然の答えですわな…(^_^;)


そしたら…


そらくん泣き出しちゃった…(/_・、)


あらあら…

そんなことで泣いちゃうのか~(^^;)

かわいいなぁ…


「よしよし、また今度一緒に行こうね♪]」


と声をかけるも…


「今度じゃヤダ~!!今がいい~(つд`)」


と言って泣きじゃくった。


そっか…

そんなに俺とのプールが楽しかったのか~!?


私はこんなそらくんが…

可愛くて仕方ないのだ…

空くん


そんな訳で…



今年もまたプールに連れて行ったのです


今回もたっぷり遊んでいっぱい楽しめました…


さすがに今年はプールをハシゴはしてないけどね…(^_^;)(笑)



今日は、そんな私の日常のお話でした☆



《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

妄想実現ぷれい 1

男でも女でも、誰でも一度は「妄想」をする…。

日常生活・恋愛・仕事などで、

「○○なことがあったらいいのになぁ~

…と自分にとって都合のいいシチュエーションを想像する…。


そしてやっぱり「妄想」と言えば…えっちだろう

えっちに連想は欠かせない。

えっちをしたことない人は「どんな感じなんだろう…」と妄想するし、

好きな相手とのえっちを想像するのも妄想だし、

オナニーなんてほとんどが妄想だろう…。

「あの子とえっちがしたい…

「巨乳の子とやりたい…

「とろけるような素敵なえっちをしてみたい…

こんな妄想は誰だってあるのだ…。


妄想するのは別に悪いことではない。

想像力を高めるし、性欲は人の本能だし。

妄想するからこそえっちを楽しめるのだ…


そして今回の話は…そんな妄想を実現しちゃった話である☆


それもとびっきり非日常でえっちな妄想を…


もしかすると、今までで一番「ありえない」と思われるかもしれない。

しかし何度も言うが…私の日記は全て「実話」です☆

時々、コメントやメールなどで…

「こんなの絶対ウソ!!」

「妄想おつ^m^」

とか言われることがあるけど…

妄想話ならここまで詳しく書けんって~!!

まぁ、信じる信じないは勝手ですけどね…。




関東に住んでいるアラサーの女性、ちーちゃん(仮名)

彼女は彼氏と別れたばかり…。

そんな彼女から、私に会ってみたいとのメールを頂いた。


「彼氏と別れたばっかだし、どうせなら健さんと

普段できないえっちをしてみたい…

健さんとなら思いっきりえっちが楽しめそうだし…


おぉぉ~、こんな私をご指名いただき光栄ですね~

わかりました。それでは私が相手を務めさせてもらいましょう…♪

彼女とこまめにやり取りをして、彼女の希望・要望を聞きだした。


「せっかく健さんとするなら…他では絶対出来ないよーなえっちをしたい

2度と出来ないようなスッゴいえっちをしてみたい…


ほうほぅ…

じゃあ今までしたくても出来なかった妄想を…

2人でイロイロと実現してみよっか~☆


そこで彼女のえっちな妄想を聞いてみると…


なんと…



「会ったらすぐにえっちしたい




え…!?(◎o◎)


会ってすぐしちゃってもいいの…!?



「うん会うまでに、想像するだけで濡れちゃうと思うんだー(*^_^*)」



と言うわけで…


出会って即SEX


を計画・実行することになった…!!



初対面の男女が食事も会話もぬきに、いきなりえっちする…

う~ん、これはかなりエロいなぁ~

2人ともこのありえないプレイに興味津々で、

“出会ってからえっちまでの最短記録を目指そう!!”

なんてノリに…(笑)


しかしそんなの実現できるだろうか…!?

新幹線で訪れる彼女と待ち合わせるのは、JR名古屋駅。

言わずと知れた都会のド真ん中の駅であるから人混みはめちゃ多い…。

人目につかずに、名古屋駅近辺で実行するとなると…

名古屋駅のトイレ

駅前すぐ近くのホテル

駐車場で車の中または車のカゲで…


色々考えたけど…どれもいまいちピンと来ないなぁ~

どうせなら…もっと大胆で、ありえないような場所はないか!?


ある日、名古屋駅に寄ったついでに探してみた。

ちらほら回ってたら、あるスポットを発見した…。

おぉ、ここならいけるかも…!?

こんな場所なら誰も来ないだろうし、

こんなとこでしたら興奮するだろな~?

さすがに私もこんな場所で…したことねぇ~!!


それを彼女に告げると、


「いや~ん、興奮しちゃう

でも、出来るかどうかは言わないで

当日のお楽しみにして、ドキドキしたいから


あえてどこでしちゃうのかは告げてません…。

彼女もこのシチュエーションに興奮している…


そしてその日がやってきた。

約束通りJR名古屋駅にて待ち合わせ。

キョロキョロと辺りを見渡す私。

ポンと誰かが肩を叩いた…

彼女だ!!


無事に出会うことができた2人。


さっそく彼女の手を引いて移動した…。


さぁ、出会ってから最短でのえっちを、


ホントにすることができるか…!?



《続く》

ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

妄想実現ぷれい 2

前回までの日記はこちら
⇒妄想実現ぷれい 1


無事に出会うことができた2人。

さっそく彼女の手を引いて移動した…。

さぁ、出会ってから最短でのえっちを、ホントにすることができるか…!?



《妄想実現ぷれいその1》 

~出会って5分で挿入~



「どう?つかれた~!?」

なんて会話をしながら、私は彼女の手を取って歩き出した。

口には出さないが、お互い分かってるし意識している…。

2人ともすぐにえっちするつもりなのだ…。

彼女は(どこでしちゃうんだろう…?)とドキドキしてるはず。

周りに人がいなければ今すぐその場で求めあってただろう…。


名古屋駅から歩くこと2分、とある雑居ビルの中に入った。

エレベーターで最上階へ向かう。

2人っきりのエレベーターの中、ここで初めて彼女とキス…


ビルの最上階には屋上へ行ける通路があった。

屋上に出る手前のおどり場で、立ったまま彼女と抱きあった。

つまり、私の選んだ場所とは………





ビルの屋上!!




地上には人がいっぱい居ても…屋上ならば誰もこない。

名古屋駅の周辺にはビルが山ほどある。

たまたま屋上に出れるビルを発見したのだ。

屋上でのえっちなんて…ありえないし興奮するだろうと思って…



屋上に出る手前のおどり場で、窓を背にして彼女を立たせた。

スカートの中に手を伸ばす。

サッとパンツをおろし、立ったまま指を入れていじる。

私もズボンをおろし、手早くゴムを着ける。

窓際の彼女が立ったまま足を広げた。

“さぁ、早くいれて…

と言わんばかりの表情だ…。


腰を浮かせる彼女。

彼女を抱きかかえて、挿入した…。

くちゅっ…

ついに入った…


出会って5分で挿入…!!




「とにかく早く挿れて欲しい…

事前に聞いてた彼女の要望のもと…

前戯もそこそこだったが…

出会ってから即えっちの最短記録だ…!!

しかも体位はいきなりの駅弁…。


「あぁっ、あぁあぁっ…


出会ったばかりの彼女がいきなり官能的な声や表情を見せる。

彼女を抱きかかえたまま、ドアを開けると…

そこは誰もいないビルの屋上が広がっていた。

周りを見渡せばビルばかり。

こっちを見てる人なんていやしない。

名古屋駅からは目と鼻の先の距離だが、

こんなビルの屋上でSEXしてるなんて誰も思わないだろう…


あらかじめ屋上は事前にチェックしておいた。

人がいないのも(多分)誰にも見られないのも分かってたが、

さすがにソファーやベッドがあるわけではない。

そこで事前に用意しといたレジャーシートを広げて、下に敷いた。

そこに彼女を寝させて、正常位でズンズンと突く…


「あぁっ、あぁあぁっ…


彼女もまさか、屋上でのえっちとは予想もしなかっただろう…

もちろん私もこんな状況でえっちなんて初めてなんだけど。


「ほら、約束通り出会ってすぐにえっちしちゃったね…


「あぁっ…う…うん


「ホラ、こんな風にされたかったんだろ!?

こうやっていきなり突かれたかったんだよな…!?



「うん…ああっ、あぁあぁ~っ…!!


出会ってすぐチン○で突かれるという刺激。

屋上でしていると言う非日常な状況。

そして私の言葉責めという興奮。

この異常な現状に彼女はもう何も考えられない…。


「よーし、イクよっ!!まず1回…イクぞっ

でも安心しろ…これで終わりじゃないから…。

まだまだこれからたくさんえっちするんだからなっ…!!



「は…いあぁ…あぁあぁっ!!!


どくん、どくん…


こうして約束は果たされた。


彼女の妄想をきっちり実現させた。


はぁはぁ…


いきなり汗かいちゃったね…


興奮したね~


ふと周りを見ると、遠くのマンションのベランダに人影が見える…。

もしかして…こっち見てる!?

見られちゃったかな…!?


でもめっちゃ遠くだし、豆粒ぐらいしか見えない距離だし…

まぁ、いっか…♪

ナニしてたかは分からんかったかもしれないし。


こうして…誰にもバレることなく、見つかることもなく、

出会ってすぐ屋上でえっち

という非現実的な行為を達成した…!!


そして私たちは車で移動しつつ、

次の場所へと向かった……☆


《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

妄想実現ぷれい 3

前回までの日記はこちら
⇒妄想実現ぷれい 1
⇒妄想実現ぷれい 2

そして私たちは車で移動しつつ、

次の場所へと向かった……☆


とりあえず出会ってすぐえっちを達成したので、

ここでまったりと休憩…。

ドライブしながらおしゃべりを楽しんで、

途中でお昼を食べつつ…ホテルに着いた☆



部屋に入って、ベッドの上に横たわる2人。

ちょっと疲れてるのは、すでにイッパツやってるから(笑)

彼女の横に添い寝して、まったりと唇を重ねた…。


さっきは屋上だったし、ドキドキ興奮はしたけど、落ち着けなかったよね…?

さすがに人に見られちゃマズイから、急いでやったしね…

でも今度はラブホだし、ゆっくりイチャイチャしよっか…


キスを重ねて、今度はベッドの上でじっくり責めたてる…。

さっきのように周りを気にする必要もない。

彼女は思いっきり喘ぎ声をあげて、感じまくった…。


「あぁっ!!あぁああ…あぁあああぁ~


彼女は瞬く間にイッた……。


そしてここで…

またも彼女の妄想を叶えてやろう…☆



《妄想実現ぷれいその2》 

~69でイカせ勝負~



シックスナインでどちらかがイクまで勝負しよう…

実はこれも事前に彼女がやりたいと言ってた妄想。

彼女いわく…「負ける自信あり」だそうで(笑)


「よーし、上に乗ってくわえて~


彼女が上になり、私が下から責めたてる。

いきり立ったモノをくわえる彼女…。

私の眼前に現れる彼女の秘部。

すでにぐちょぐちょになっている…。

舌と指を駆使して秘部に更なる刺激を加えた。


「んんっ…んんんん~っ!!


「ほらほら、どっちかがイクまでやめないからね…


「あぁ~っ…ダメ…もうイッちゃう…


「ほら、放しちゃダメ!!しっかりくわえてっ…

そう、くわえたままイクんだっ…!!



「んんっ…んんんん~…っ!!


びくん…びくん…


彼女はイッた…


私のモノをくわえたまま絶頂をむかえた…。


と言うわけで、ハイ、勝負は私の勝ち~♪


どうやら彼女はイキやすいタイプで、何度もイケてしまうようだ。


じゃあコレはどうかな…!?


2本の指を差し込んでグチャグチャとかき回す…


「あぁあああぁあああぁああ~…!!


びちゃびちゃびちゃ…


彼女はたくさん潮吹きした…。


「元カレにけっこう開発されちゃったんだ~


彼女のその言葉通り、感じやすくてイキやすいカラダでした。


「フフフ…でも、もっと出ると思うよ~


私がそのままさらに指でかき回すと…


「うわっ…あぁああ…!!あぁあああぁ~!!


さらに大量の潮を吹いた彼女…。

そのまま数回イカせまくり…

そしてトドメに私自身のモノでたっぷり彼女を突いてやる…

彼女は私自身をたくさん味わって、何度もイッた…


2発目、終了…☆


さて、ここで私は新たなネタを仕込んでおいた。

よーし、今度はこれを使ってみようか…!?

とあるアイテムを冷蔵庫から取り出す。


さっき一緒にコンビニで買ってきたモノだ…


さて、それは一体…


なんでしょう!?



《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

妄想実現ぷれい 4

前回までの日記はこちら
⇒妄想実現ぷれい 1
⇒妄想実現ぷれい 2
⇒妄想実現ぷれい 3

よーし、今度はこれを使ってみようか…!?

とあるアイテムを冷蔵庫から取り出す。

さっき一緒にコンビニで買ってきたモノだ…


さて、それは一体…


なんでしょう!?





答えは…







「氷」です!!






みなさん、「ナインハーフ」という映画を知ってますか…!?

20年以上も前のハリウッド映画ですが、当時かなり話題になった映画です。


ナインハーフ



ラブストーリーものですが、とりあえずストーリーはこの際どうでもいい。

この映画の最も有名なシーンは…ずばりベッドシーン!!


主演のミッキー・ロークとキム・ベイシンガーがベッドでイチャつく時、

氷を使って愛撫し、カラダにゆっくりつたわらせる…

そのシーンがめっちゃ官能的で…

「ナインハーフ」と言えばあのベッドシーン、と言われるほど☆

ナインハーフ2



彼女は以前この映画を見て、こんなプレイをしてみたい…

と思ってたそうです

…と言うワケで、


《妄想実現ぷれいその3》

~ナインハーフぷれい~


用意した氷をそっと彼女の肌に近付ける…。

ひんやりとした感覚が彼女の皮膚に伝わる。

す~っと彼女の肌に滑らす…


「あぁっ…


肌に伝わる冷たい刺激…。

氷で愛撫されてるという興奮…。

それが心地いいのかはわからないが、

彼女は声をあげ、ぴくん、ぴくん、と反応する。


腹部から乳房へ…

太ももから内側へ…

ゆっくりと氷を動かして彼女の全身に刺激を与える。

そして乳首にあてる…

冷たい刺激+快感…

くりくりと動かしたり、氷を口に含んでレロレロと舐める…。

そしてとどめに秘部への刺激…

あそこに氷をあてるなんて日常生活でまずないだろう。

氷を口に含んだままのクンニ…


さすがにナインハーフでもここまでしてない。

ついに映画を超えるプレイをしちゃいました…

この氷プレイがどんな感覚で、気持ちよかったのかどうか…

感想を聞くのを忘れてた^_^;(笑)

なので、彼女のみが知るところだ


忘れてたと言えば、私も氷を含んでのフェラをしてもらえばよかった…。

せっかくだからどんなのか味わってみたかった…。

責めるのに夢中ですっかり忘れてた^_^;(笑)


そしてそのまま…


挿入


さんざん火照ったカラダは氷でも冷めることはなかった。

もう氷なんか使ってる余裕はない…

興奮しまくったカラダを激しく突き…

またも彼女は何回もイッた


この時…彼女にとって初体験だったのが、

「まんぐり返し」


まんぐり返し2


事前にメールのやり取りをしてた時、

「まんぐり返しでイカせてやる

と私が言ったのだが…

彼女はその時点でまんぐり返しを知らなかった。


そしたらなんと…彼女はネットで調べて、

自宅でまんぐり返しを練習してみたらしい…!!


「やってみたけど、ムリだわ


なんて言ってた彼女(笑)

しかし…

テンションが上がりまくったえっちの最中…

彼女の腰を持ち上げ、頭を下にしたまま、クルッとひっくり返した。

あそこは丸見えになり、脚を広げさせる。

ぶっちゃけかなり恥ずかしい格好だろう。

そしてそのままズブズブと奥まで突いてやった…


「あぁっ!!イクっ!!イッちゃう…!!


「よし、イケッほら、まんぐり返しのままイッちゃえ…!!


あぁあぁあ~っ……!!


彼女はまんぐり返しのまま…イッた


できないと思ってた体位も…しちゃいました。


こんな体勢でイクなんて…もちろん初めてだったようです☆


そして3回戦も終了~!!


ホテルのフリータイムの時間も終わり、チェックアウトしました…。



…以上、


…妄想実現ぷれい終わり。



…じゃないよ~(*^_^*)



まだもうちょっとだけ続きます☆


さて、残る妄想実現ぷれいは…


一体どんなのでしょう……!?



 《最終回に続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

妄想実現ぷれい 5

前回までの日記はこちら
⇒妄想実現ぷれい 1
⇒妄想実現ぷれい 2
⇒妄想実現ぷれい 3
⇒妄想実現ぷれい 4

ホテルを出た私たちはとある部屋に移動した。

実はその当時、友人らと共同でアパートの一室を借りてたのです。

誰もいないのを見計らい、彼女を部屋に連れ込んだ。

そしてその部屋でも…

またまたしちゃいました


ここで使ったアイテムは…


「スケスケセーラー服」

F1140110.jpg



以前…「夜這い特集」の時に使ったものです☆



実はあの時…

たった一回の使用でビリッと破れてしまったのです…


えぇ…なんてもろいんだ~!!

もう使えねーじゃん、コレ…

と思ってたんですが…

彼女がこのブログを読んで、

「着てみた~い

と言っていた…。



そんならついでに、彼女の希望してたイメプレもしちゃおうか…

その内容とは…

「禁断の兄と妹プレイ」


スケスケのセーラー服を着た処女の妹(笑)と、

お兄ちゃんとの近親相姦…


どー考えてもゼッタイこんなのありえない(笑)

しかし…彼女はノリノリで成りきってくれた♪


《妄想実現ぷれいその4》

~スケスケセーラー服で近親相姦~


妹「ねぇ、お兄ちゃん…どぅ、似合う!?


兄「お、ぉい…、なんて格好してるんだよ…



妹「今日から私も高校生だよ☆」


兄「で、でも…この制服…透けてるじゃないか…


妹「うふお兄ちゃん…どう?セクシーでしょ!?」


兄「ダ、ダメだよ…こんな格好しちゃ…


妹「お兄ちゃん…私もう子供じゃないんだよ…」


兄「えぇっ…!?


妹「お兄ちゃん、私…初めてはお兄ちゃんとしたい…


兄「えぇっ…、ダ、ダメだよ…兄妹でそんなこと…


妹「お兄ちゃん、私のことキライ…?」


兄「うぅん…


妹「お兄ちゃん、好きだよ


兄「……オレも、好きだよ


…チュッ


兄「ほら…こんなにおっぱいが丸見えじゃないか…


妹「いやん…


兄「ほら、もう触っちゃったぞ…」


妹「お兄ちゃん…、気持ちいい…


兄「お前のおっぱい、柔らかいなぁ~…」


妹「ねぇ、お兄ちゃんの舐めていい?


兄「え…、いいよ…


クチュクチュ…


妹「ん…。お兄ちゃんの、美味しい


兄「あぁ…気持ちいい…


妹「お兄ちゃんのが…欲しい


兄「いいのか…?お前、初めてなんだろ…?」


妹「いいよ…お兄ちゃんなら…


兄「じゃあ、お前の処女、もらっちゃうよ…


妹「うんお兄ちゃん、私の処女もらってぇ


ずぶっ…


妹「あぁ~…っ!!


ずんずんずん…


妹「お兄ちゃん…イ、イッちゃう…


兄「初めてなのにイッちゃうのかよかったねぇ…

イッちゃえ!!お兄ちゃんのでイケッ…!!」



妹「お兄ちゃん!!お兄ちゃ~ん…!!







…てな感じのプレイでした♪

覚えてる限り、会話はほぼそのまんまです。

彼女はこのシチュエーションが一番興奮したそうです

2人とも「成り切る」ことができたので楽しめました。

高校生を演じるには…ひと回りも歳が違うんですがね…(笑)

ちなみにスケスケセーラー服は、最後だと思って、

ビリビリに破いてプレイしちゃいました…



そしてその後…


近くの銭湯でゆったりとお風呂につかり、

2人で夕食を食べて…

いよいよ最後の時間。


彼女の妄想はほぼ全て実現しましたが…

最後に「サプライズ」が欲しいと言っていた。

何がくるかわからないドキドキ感…


ですから…


サプライズも用意しときました♪


《妄想実現ぷれいその5》

~サプライズでオイルマッサージ~



帰りの車内にて、彼女を寝かせ、

「オイルマッサージ」をしてあげました☆

ベビーオイルを用意しといて、

彼女の全身をマッサージ…。

つかれた彼女の体を揉みほぐしてあげる…。

テカテカと光る彼女の裸体。

そしてそのまま体を重ね…

最後の挿入


しかし今日はちょっと酷使し過ぎたせいか…

私の回復がイマイチ…

まだ半勃ちのまま…

中に挿れて…

そのままジッと抱き合う…


挿れたままただ抱き合うだけの時間。

彼女はとっても幸せな気分に浸っていた。

激しいえっちではなく、

最後は癒やしのSEX…




・出会ってすぐ合体

・ラブホでまったりえっち

・氷プレイ

・すけすけセーラー服でイメプレ

・マッサージえっち


結局、5回ほど体を重ねました。

これはすべて1日での出来事です☆

そして彼女は夜行バスに乗って、東京に帰って行きました。



彼女の妄想は全て叶えることができたし、すごく満足してくれた…

私も今までにないプレイができて満足でした☆


その後…

彼女からはまた会いたい、との要望を受けましたが…

残念ながらお互いの諸事情により、会えませんでした。

彼女と会えたのはこの時のみだった…。


しかし、そんな彼女との体験は印象深く、

今でも思い出となっております…。


そんな…


とっても非日常な…


妄想を実現しちゃったお話でした




《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

コンプレックス 前編

私はこのブログにて体験談や恋愛話を書いてるが…

こんな私の元にはよく性の悩み相談などが届いたりする。

今回紹介したいのは、とある女性からのメッセージだ。


前回「妄想実現ぷれい」に登場したちーちゃん(仮名)

彼女が東京に帰ってから、メッセージを頂いた。


彼女の経験・恋愛や性に対する考え方を聞いて、私も「なるほど」と思ったし、

みなさんにも参考になるかと思い、本人の許可を得て、ここで披露させていただく…☆




私は以前、えっちなことが大キライでした。

私たちの世代は、生理やえっちな事に関してのイメージは、

“隠されたもの”でした。


ある意味悪いことのような感じで、いらやしく、けがらわしい…

だから頭の中では“悪い事”という認識をしてました。

私も処女卒業は遅い方で、19歳でした。

痛くはなかったけど、特に感想はなし。

これで処女じゃなくなった…くらいな感じね(笑)


経験人数は両手で足りる程度。

全然気持ちよくなれなかったし、SEXなんか全く好きじゃなかったけど…

私がホントに“SEXって気持ちいい”と思えたのは、

元カレが開発してくれちゃったからです。


人間誰しもコンプレックスはあるよね?

私は背が低い事やぽっちゃり系である事…

おっぱいが小さい事がずっとコンプレックスでした。

このお腹見られて幻滅されちゃうんじゃないだろうか…?

って思いがずっとあって、

口に出さないだけで心の中では笑ってるんじゃないだろうか…?

と勝手に思ってました。

そうすると結局恥ずかしさが先行して集中出来ない。

そういう思いを断ち切ってくれたんだよね、彼が。


私は特別可愛いわけでもないし、美人さんでもないけど、

笑顔でいれば愛嬌はあるだろう…とは思ってる。


早い話が“自分より可愛い子はいない”くらいに思わないといい笑顔は出来ない。

これも彼に教わった事。

私にコンプレックスがあるという事は、

相手にも当然何かしらのコンプレックスがあるんだよね。

でも、それって自分が思ってるだけで意外と気にしてない。

相手のコンプレックスに気付かないように…

相手も自分のコンプレックスに関しては、

“そんな事気にしてたの?”くらいな感じ。

それが分かるようになったら恥ずかしいという思いが自然となくなっていったんだよねー。

そこからはえっちを研究しまくりです(笑)


どんなに綺麗な女優さんでも感じてる時の顔は歪んで変だし(笑)

全ての女優さんがスタイルがいい訳でもない。

でもどうやったら綺麗に見せられるだろうかというのはそのうち分かってきて、

どうしたら男性が感じるのかっていうのも分かってくる。

だから、イケない子がいたとしたら彼女達にはもっと研究をしてもらいたいなって思う。

男性のテクの問題ではなくて、彼女達の心の問題だから。


女の子にはもっとえっちで気持ちよく研究をしてもらいたい。

今は昔と違って簡単に動画も見れるし、ネット宅配便でDVDが借りられるから

AVを借りるのも恥ずかしくない時代になった。

それを見ながら自分の体のどこが敏感なのか探ってほしいし、

鏡を見ながら綺麗にエロく見える角度を研究してもらいたい。


あとは締め付ける練習(笑)

これって実際には本当に締め付けてるのか分からないんだけど、

おしっこ寸止めとか指で締まってる感覚を掴むとかで、

多少は上手くなっていくんじゃないかと思ってる。

彼氏や旦那としっかりコミュニケーションを取って、

最終的に気持ち良くなってほしいなぁって思います。


ここまで書いたのは女の子向けだけど、男の子向けにもメッセージはあるよ~♪




はい、とりあえず今回はここまで☆


彼女からのメッセージは長いので、

続きは次回にて公開します。


男性諸君はよくチェックしといてくださいね♪


 《後編に続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

コンプレックス 後編

前回の日記はこちら
⇒コンプレックス 前編

はい、それでは前回からの続き。

男性に向けのちーちゃんからのメッセージです☆



男性に言えることは、とにかく“自分の欲望を満たそうと思うな”

ってのが私なりの解釈。

若ければ若いほどそういう傾向にあると思うけど、

男は自分が気持ちよくなることしか考えず、ひとりよがりになりがち!!


SEXは2人でするものだし、相手を思いやってこそのものだと思う。

自分の快楽だけを追及したいならオナニーだけしてればいいよって思う。

どんな事においてもそうだけど、コミュニケーションが大事

テクニックを磨くより、コミュニケーション上手になってほしいなって思う。

それだけで女の子は充分気持ち良くなれる。


あとは2人だけのセックスの形を築いていけばいい事であって、

上手い下手は正直言って関係ない(笑)


飛藤さんの日記のコメントを読んで、

意外と基本的なことが分かってない人が多いんだな…

ってちょっとビックリしてます

SEXは特別な事じゃなく、普通に人と人とのコミュニケーションと同じなんだ、

って事が分かってないんだなーって。

初めて会った人にいきなり失礼な事を言ったり、

自分の意見を押し付けたりしたら100%嫌いになるでしょ!?

SEXも同じなんだけどなぁって思う。


こんな事を言えるのは今の年齢だからっていうのもあるけど、

飛藤さんの日記を読んでる人たちが、SEXに関して“こうなりたい”って願望があるなら、

思うだけじゃなくて基本に戻って考えてもらいたいなぁって思う



あと、最後に…

えっちが苦手で、コンプレックスだらけだった私が

「開発」されちゃったポイントを紹介します

参考にしてもらえば幸いかな♪


・恥ずかしがらずに自分の性の悩みを話してみる。

・一人エッチを見てもらう。(これは男性から促すのがベスト)

・自分が試してみたいことをピロートーク中に話してみる。

 (彼がしてみたい事も受け入れる)

 実践してイマイチなら苦痛なだけだから二度とやらない。

・デート中も人に不快を与えない程度のスキンシップをする。

 (嫌よ嫌よも好きのうち(笑))←多少恋愛経験がある人向け

・相手を褒める事を忘れない。

・エッチが終わったら体を拭いてあげる。

 (これは彼しかしてくれてないけど、かなりポイント高い)



そして……

やっぱりどんな小さな事でもコミュニケーションは欠かさない☆

かな?






はい、

彼女からのメッセージは以上です♪

いかがでしたか??

参考になりましたか!?


私とやり取りして出会った女性も、

出会う前には必ずと言っていいほど

「私って○○○だから…

みたいな感じでコンプレックスを言います。

(太ってる、かわいくない、スタイルよくない…等)


そんなの…

誰だってコンプレックスはあります。

私だってありますよ!!

少しでもいいふうに見られたい…

嫌われたくない…

こんな気持ちは誰しも同じです☆

しかし、彼女のコンプレックスを乗り越え、

成長した経緯を聞いて、非常に感銘を受けました


この話を是非みんなに聞かせたいと思い、掲載したんです♪


精神的なリラックスやコミュニケーション…


そして相手の立場に立って思いやる気持ち…


これらは何にでも通じることです。


役に立つ話だと思います☆


皆さんも参考にしてみてください。


ぜひ、ご意見・ご感想をお寄せください☆



 《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。