FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SとMの考察

今回はちょっとマジメに語りますよ~♪


最近では自己紹介の時点で、

「私ってドMだよ~☆」

とか言う女の子が多い。

星座や血液型を聞くように、SかMかを聞いたりする。

SとMが広く認知されたワケであり、

相手のタイプを調べる判断基準となってたりする。


しかし、もともとSとMとは「サディスティック&マゾヒズム」のこと。

嗜虐的行為…

つまり、相手をいたぶったり、痛みを伴う行為をおこなう側なのか、

される側なのか…という意味である。


ですが最近の意味合いとしては、

「責め側、命令する側、リードするタイプ」

「受け身、命令される側、リードされるタイプ」


という感じになっている…。

別にエロい意味でなく、恋人や友人関係で付き合う上での傾向だったりする。

日常の会話で普通に使われるようになり、もはやエロさはない。


ひと昔前なら、「君はSかMどっち?」

って聞くと、「は…?私、そーゆー趣味じゃないし

なんて返事が返ってきたものだ。


「私ってドMだよ~」

なんて言われると、どっちかわからなくなるのは私だけか…?(笑)


思うに、女性の8割以上がMだと思う。

あくまで私の独断と偏見による統計データですが。

恋愛において、自分から積極的に告白する…という女の子は少ないと思うし、

めっちゃ美人でも、自分からは好きだと言わず、

男性から言ってくるよう…待つ(または、そう仕向ける)パターンが多くない?

基本的に女性は恥ずかしがり屋だし、

男性にリードしてもらいたい…と思ってるのが一般的だろう。


しかし…

男はMが多いのだ!!

これがビミョーなんだよね~…

私が思うに、4~5割の男がMだと思う。

つまり男と女の間で、需要と供給のバランスが取れていない…。


「彼氏がMなんで相性があわない…」

「もっとリードしてほしい…Sになってほしい…」


こんな意見の女の子って多くないですか!?


そしてそれはえっちでも同じ…。

「普段はSだけど、ベッドの上ではMなの

たぶん女の子ってこんな意見がほとんど♪


女の子は基本的にMであり、男にはSを望んでいる…

だから男のMはモテないのだ!!

女性にそういったニーズが少ないのだから…。


そもそも受け身というのは楽なのだ。

相手がリードしてくれたら自分でアレコレ考える必要がない。

えっちだって…そりゃされる方が気持ちいいに決まってる

何もせず、されるがままでいいなら気楽なもんだ…。


でも、女の子はそれでいいんです!!

しかし男がこんなのばっかじゃ恥ずかしい…。

「される方が好き」なんて言ってる男なんて、

ちょっと情けないし、頼りなく思う…


だから…私はSです☆

自分がリードして、責めるのが好きなのです♪

オラオラなドSでなく…優しく紳士なSだと思う。

私はこれが「女の子が男に一番望んでる」スタイルだと思ってる


ですから男性諸君!!

女性のニーズを考えても、モテたいと思うならSになれ!!

自分から積極的にリードし、責める側に回るのだ!!


そして女性諸君!!

受け身ばっかにならず、時にはSになるんだ!!

Mな男が多いのだから…

自分から責めれば、喜ぶ男は意外と多いよ~♪

恥ずかしがってないで、積極的に動くのもアリだよ~



私の意見は以上ですが、みなさんはどう思いました?

私の考えが参考になれば幸いです☆


 《終わり》

色気のないオンナ 1

今回のシリーズは久々に、真面目な恋愛の話です

エロい話でもネタでもなく…

私が好きになった女の子とのエピソードです。


今回のお話のポイントは、

「見た目じゃない」ってことです☆


普通ならば、相手の見た目に惹かれ、恋に落ちる…

特に女性は、化粧をしたりダイエットしたり…

男性よりも「見た目」を気にするはず…。


しかし「見た目」に自信を持ってる女の子なんてほとんどいない…

そんな女の子たちにもっと自信を持ってほしくて今回の話をします


何故なら今回の女の子は…


ハッキリ言って…


全く色気のないオンナだった…!!


お世話にも美人とは言えず、

髪はボサボサ…服装はいつも地味なトレーナー…

黒ブチメガネで、なんだかアラレちゃんみたい…


そんな彼女を、私は真剣に好きになってしまった…!!

それでは、詳しく話していきましょう…。





その彼女と知り合ったのは、某カラオケ同好会でした。

以前にも書いた「アニソンオンリーのカラオケサークル」のことです。

⇒「僕に釣られてみる?」


名古屋にあるこのサークルは、月イチでカラオケして飲み会してるのですが…

いつも30人以上が集まり、男女比は半々ぐらい。

在籍するメンバーは100人以上もおり、

私はずっと以前からそこによく参加していた。

ぶっちゃけオタクな集団なので、いつもマニアックな話ばかりしてて、

そこでしか語れないネタや共通の趣味があった。


そしてその時、新規の参加者が…彼女でした☆


ちなみにこのサークル…

男女とも多くのメンバーがいるわけでして、

その中で当然、付き合う男女もいたりもする

かわいい子が入ってきた…

誰々があの子を狙ってるらしい…

こんなウワサはしょっちゅうあり、

サークルで知り合って結婚したカップルも7組ほどいたのだ…

ぶっちゃけ、女の子との出会い目当てで参加した…

なんてやつもいたりした


しかし、私はこのサークルで誰も口説いたことはない。

そこで出会いを求めるつもりはなかったし、

あくまでオタク仲間との交流の場だった。


初めて彼女に会った時も…何とも思ってなかった。

興味の対象外だったし、全く好みのタイプじゃなかった…。


しかし…

それなのに、いつの間にやら好きになってしまうのだが…


詳しくは…




次回に続くのだ


 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

色気のないオンナ 2

前回までの日記はこちら
⇒色気のないオンナ 1


初めて彼女に出会ったのは、カラオケでのイベントだった。

ステージ上で1人ずつみんなの前で歌ってたのだが、

ひと際目立っていたのが…彼女だった☆


ポケモンの「ポルカ・オドルカ」という曲を、

ニャースの声マネをしながら歌ってたのだが…

めっちゃウマいのだ…♪


単にウマいだけでなく、イロ物の歌を堂々と歌い上げ、

物まねありでソックリに歌う姿に衝撃をうけた…!!


な、なんだコイツ…


私もカラオケでパフォーマンスするのが得意だ♪

「人を楽しませること」じゃ負けない…!!

歌って踊って、モノマネして、コスプレして、盛り上げてやる♪

そんなエンターテイナーとしての血がさわいだ…

コイツにゃ、負けねーぞ!!

最初はそんなライバル意識でした。


コイツ、どんな奴なんだろ…!?

そんな興味から入って、カラオケの後の飲み会で話かけてみた。


そしたら…


話をしてみたら、これがすごく楽しかった


彼女は若く見えたけど、すでにアラサー。

私とほとんど年齢は変わらない…。

独身の1人暮らしで、接骨院にて働いている。


彼女はまったく化粧もせず、すっぴん。

ボサボサの髪に、地味で色気のない服装。

決して「かわいい」とか「美人」とはいえない…。

しかし、話をしてみて彼女のよさがわかった。



まず…、常に笑顔☆


いつでもニコニコしてて、すごく楽しそうなのだ。

元気で明るく、いつの間にかこっちも楽しい気分にさせられる…♪

暗い顔や、落ち込んだ表情をみたことがない…。



そして彼女は、人の話をよく聞く…☆


私がやたらマニアックな話をしても、興味津々に聞いてくるし、

パッと話を振れば、ちゃんと自分の意見を言ってくる…。

どんな話題でもきっちり返してくる…。


後に友人から聞いた話だが、

このサークルで旅行に行った時、車の中で彼女とG君が一緒だった。

このG君はマニアックな奴で、話が長く、やたらクドいのだが…

G君のマシンガントークに彼女は2時間ほど付き合わされたらしい…。

さぞキツかったろう…と思いきや、彼女はケロッとして、

「大変参考になる話でした♪」

と言ってたらしい…。


おそらく彼女は人の話を聞くのが好きなんだろう…

彼女と話してると、興味津々に色々聞いてくるもんだから

ついつい語ってしまう…。

そしてそれを、楽しそーに聞いている…。


誰しも自分の話がウケると気分がいいだろう…。

彼女の場合、何を話してもウケるのでしゃべってて楽しいのだ…♪

つまり、聞き上手☆

これが彼女の魅力だった


たぶん基本的に人が好きなんだろう…

話をするのも、聞いてるのも好きなんだろう…

話をしてて、すごく居心地がいい…

もっと会話していたくなる…。


「なんでお前はそんな髪がボサボサなんだ!!もっとちゃんとしなさい!!」


私がこんな失礼ことを言っても、

彼女は、あははと笑って受け入れる…。


彼女と話をするのが楽しみになった。


コイツと一緒にいると全く退屈しない…

コイツなら毎日一緒にいても何だか楽しそうだ…


そう思えるようになった。

その時点で、私はもう恋に落ちてたのかもしれない…。

男女の関係において、相手にそう思わせるようになったら…「勝ち」だ☆


私も彼女のことがかなり気になり始めた。

もっと彼女と話をしたい…

もっと彼女のことをよく知りたい…

私はいつの間にか彼女のことが好きになっていた…

見た目は全然好みじゃないのに…

色気なんかも全くないのに…

もう、そんなことはどーでもよかった。

コイツの中身を知って好きになったんだから…


飲み会にて彼女と2人で話してた時…

それを見てた別の女の子にこう言われた。


「飛藤さんって、○○ちゃんのこと好きでしょ~!?」


なにぃ~!?

そんなにモロバレだったのか…!?(笑)

めちゃ楽しそうなのが、顔に出てたんだろうか…

まぁ、いい…隠す必要はないんだ…

私はその時、その女の子に

「あぁ、そうだよ

と、堂々と言ったのを覚えてる…☆



出会ってから半年以上が過ぎたろうか…。


飲み会の席で、私は彼女を連れ出した。

「ちょっと煙草買いに行くから、お前付き合え

と言ってさりげなく…。


その飲み屋の玄関先で…

2人っきりなのを確認すると、彼女に告白した



「俺と…、付き合ってくんないか!?



ストレートに告げた……




《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

色気のないオンナ 3

前回までの日記はこちら
⇒色気のないオンナ 1
⇒色気のないオンナ 2


「俺と…、付き合ってくんないか!?



ストレートに彼女に告げた……



彼氏がおらんことはわかってた。

俺のことはキライじゃないはず…

1人暮らしの独身で30過ぎ…

さびしくないワケがない…

自分の中で勝算はあった☆


あとは、自分が彼女の好みのタイプかどうか…?

私は一緒にいて楽しいと思ったけど、彼女はそう思ってたか…?


私は静かに彼女の返事を待った…


しかしこの時、彼女の答えは予想もつかないものだった…





「風邪ひいてノドが痛いから…返事はまた今度でいい…??



はぁっ…!?


確かに彼女はこの時風邪をひいてマスクをしていたが…

意を決して告白したのに対し…思いもよらないこの返答…


思わず、笑ってしまった☆


「ははは…今までオンナに告白して、こんな返事をしたのはお前だけだぞ~…


まぁ、焦る必要ない…



返事はいつでもいいぞ…


そう言ってその場は終わったのだが…







しかし…







いつまで経っても、返事がない…





1ヵ月…





2ヵ月…





おいおい、どーなっとるんだ!?


その間、もちろん彼女にメールや電話はしたのだが…


電話にゃ出ないし、メールの返事も全然返ってこない……


もしかして…見込みなし…?



しかし、これは私に限った話でなく…

実は彼女は、連絡が取りにくいことで知られていた。

彼女本人も極端な筆不精(メール不精?)だと認めてる…。


電話しろ、メールしてこい、と言っても全然してこない…

これじゃ全くやり取りが出来ない…


カラオケサークルに顔を出せば会えるのだが、

しかし2人でゆっくり話せるチャンスがない…。


やっとその機会が訪れたのは、告白から3ヶ月も後だった。



彼女がスタジオジブリの美術展に行くという。

そこへ私も一緒に付いてった。

私も絵が好きだし、ジブリ作品も好きだから美術展も楽しんだけど…

やっぱりメインは、彼女との話☆


美術展のあと、一緒に居酒屋に行き、そこで彼女と話をした。



「…で、俺いまだにお前から告白の返事をもらっとらんのやけど…?


やっと訪れた2人だけの時間…

さぁ、今日こそゆっくり話をしようじゃないか…


しかしこの時、私はすでにある程度の覚悟をしていた。

そして、こう付け加えた。


「まぁ…告白してからもう3ヵ月も経ってる…

今さらOKの返事が返ってくるとは俺も思っとらん…

OKなら、こんなに待たせるわけはないよな~?

まったく…お前ぐらいのもんだぜ?ここまで告白を待たせる奴なんて…

聞いたことないわっ!!(笑)」



ここまでの経緯から何となく予想はしてた…。

しかし…

例えフラれようと、情けない姿なぞ見せたくない…

包容力のあるとこを見せて、最後までアピールしてやる…!!

ピンチであっても笑い飛ばせるオトナの余裕と包容力…

それを見せたかった。




そして…



彼女の口から出た言葉は…





「私は…、彼氏とか欲しいと思わない…

つくろうとは思わないんだよね…


なにぃ…!?


彼女の言葉は続く。



「健さんのことは、すごく大切な関係だと思ってます…。

でも、彼氏とかいたことはあるけど…いま、必要だとは思わない…。

そーいう感情がないんですよね~…



これにはビックリした…!!

予想外の答えだった…。


彼女は30過ぎの独身の1人暮らし…。

寂しくないわけないだろ…?


恋愛感情がないだと…?

信じられなかった…



まてまて!!


状況を整理すると…



彼女に彼氏がいるワケではない。

私のことを嫌っているわけではない。


てことは…



まだ、見込みはある…☆



ようし…!!



この日、私は彼女にこう言い放った。


「俺、お前のこと、まだ諦めてないからな…!!!





《最終回に続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

色気のないオンナ 4

前回までの日記はこちら
⇒色気のないオンナ 1
⇒色気のないオンナ 2
⇒色気のないオンナ 3


「俺、お前のこと、まだ諦めてないからな…!!!


彼女にフラれるも、こう言い放った。


やるだけの事をやって、ダメだったら仕方ない。

自分がやれるだけの事をやり尽くさないと、諦めきれない。

自分が頑張れる限りは、頑張りたい…!!

私の恋愛は、いつもそうだ。

そう簡単には諦めたくない。


次の日から再びメールしまくり、彼女をデートに誘った



しかし…



相変わらず連絡がつかん…!!


やっと連絡がついたとしても、

忙しくて予定が合わんと言う…。


ようやく強引に約束を取り付けたのが、それから3ヵ月後。


この時ちょうど彼女の誕生日があり、プレゼントをしてやる!!

…って理由でデートの約束を取り付けた☆


当日…彼女のアパート近くで待ち合わせをした。

この時はじめて彼女の部屋に入った…。


古い畳の部屋で、全くオンナっ気のない部屋だった。

そして2匹のネコを飼っていた。

ははぁ、男がいなくても、ネコがいるからさみしくないってか…?

勝手にそう解釈した☆


私の車でドライブし、ドンキホーテでプレゼントを買った。

一緒にラーメンを食いに行った。


そして…


車の中で…



ついに…









キスを奪いました…!!



バッと強引にいったので…


「えっ、なになに…?ちょっと…

みたいな反応でしたが…


ちょっと強引なキス…


少し抵抗があったけど、

そのままずっと唇を重ねていると…

彼女の力も緩んできた…

そして唇を離してから、


「もっぺん


再び唇をかさねる…


もう抵抗はない…


そのまま5分ほど、ずっとキスしてた…


舌も入れるディープなキス…


そして服の上からおっぱいも揉んでやった…



車で彼女のアパートまで送り、

車内でたくさん話をした。

彼女と話してるとついつい長話になり、時間が経つのを忘れてしまう…

すっかり時間は遅くなり、

その日はそのまま別れた…。





ついに彼女とキスした!!



この次はもっと色々してやろう…



一歩ずつ関係を進めていくんだ…



そう思ってたんですが…



しかしその後…



私はめちゃくちゃ後悔することになる…!!



何故なら…



この日以降…



またも彼女とは連絡が取れなくなる…!!



せっかくキスをして、

ちょっとは進展するかと思えた関係も、

全く変わらない…



おいおい、やっぱり見込みナシかよ~



この時点で…



さすがの私も、気力が萎えた…



もうダメっぽい…



私が誘っても反応がないのに、

サークルの集まりにはしっかり顔を出す…。


あぁ、私のことは優先じゃないんだな~…


そう実感した時…



私は彼女のことを諦めた…



結婚とかする気はなく、

1人で生きてくつもりだと言ってる彼女…


これ以上、口説く術が見当たらない…


チャンスはあの日1回きりだった…



あの日…


キスした時…





押し倒しとけばよかった!!!



そのままやっちまえばよかった!!!




ディープキスで満足すべきではなかった…


彼女を部屋まで送った時に、

「トイレ貸してくれ」

とか言って部屋に上がりこみ…


えっちまで持ち込むべきだった…!!



「ディープキスしたら、その日のうちにやっちまえ


物事にはタイミングがあり、いける時は一気にいかねばならない。

女の子は心変わりしやすい生き物だ。

気持ちが冷める前にカラダの関係を持てば、

一気に彼氏彼女の関係になったりする…☆


恋愛におけるこんな法則はわかってたはずなのに…!!


だから私は、この時のことをめちゃくちゃ後悔している…!!






…彼女とは今でもいい友達である。


サークルで顔を合わせれば、普通に話をする☆


何もなかったかのように自然に笑顔で会話する。


ある時、私は彼女に告げた。


「俺はもうお前のことあきらめたよ…


こんな会話を笑って言えるほどの間柄だ♪


これ以降、彼女とはもう何もない…。


この話は、これでお終いである☆



ただ…この話で言いたかったことは2つ。


1つは女性に対して。


女性は見た目を気にするし、誰しもキレイになりたいと願う…

しかし見た目に自信を持ってる女性なんてほとんどいない。

見た目がよくないから自分に自信が持てない、と考えてしまうが…

見た目じゃなくても、男を虜にすることは出来ます☆


私がこの彼女を真剣に好きになったようにね…



もう1つは男性に対して。


好きな女の子ならばそう簡単に諦めるなよ~!!

ただし、行けそうな時には一気に行け…!!


一気に行かないと私のような失敗をするぞ…(笑)



こんな私の体験が…


みなさんの参考になればいいかな☆




 《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

飲み会での小話

今回のお話は、前回の「色気のないオンナ」の番外編です☆


例のアニカラサークルで飲み会をしてた時の話。


いつも飲み会には、だいたい15~20名ぐらいが参加する。

男女比率もだいたい半々…

年齢層も、20代・30代・40代…とさまざま。

オタクでマニアックな話が飛び交うこともあれば…

下ネタで盛り上がることもある

そしてこの時は…



めっちゃ下ネタでした!!!



その時、私らは「女王様」と呼ばれてる女性と

盛り上がって話してた。

彼女は以前からの友達で、すでに子供もいる人妻さん。

旦那さんとはこのサークルで知り合ったため、その旦那も私は知っている。


この女王様…

その名の通りドSなかたで…

女性陣のおっぱいを揉んだり…

男性陣を蹴り飛ばしたり…

酒を飲むとかなり暴れるお人。


私を含めた男性3人と話をしてたんですが…

ビールを飲み干した後、彼女がこう言った。




「あ~、やりてぇなぁ~…



え…!?


一瞬、絶句しましたよ…


どーゆー意味…!?


そのまんまですよ(笑)



「最近、やってないんだよね~…」



女王様なのに、言ってるセリフは完全にオヤジである。


こんな女王様に、私は突っ込んだ…!!



「でもさ、女王様って…ドSやけど、ベッドの上ではドMだろ!?」



「うん、めっちゃ責められるの好き~



ここから先はひたすらえっちな会話でした…☆



「ちゃんとイケてる?潮吹きとかできてる!?



「私、全然イケないし、噴いたことないんだよね~



「あらら…ダメな男ばっかりやね~



「じゃあアンタ、いつもちゃんとイカせてるの~!?」



「あったり前ぢゃん!!



「え~ホントにぃ~!? 潮吹きとかさせる自信あんのぉ~!?



「もちろん いつも女の子には喜んでもらっとるよ~




こんな下ネタな会話でした…☆

彼女は「飛藤 健」としての私を知りません。

当然このブログも知らない…。

私の武勇伝も、私のテクがどれほどかも知らないのですから♪


私が自信満々に、あんまり堂々として答えるもんだから…



「ホントに~!?ホントにそんなに自信あんの~??



と何度も聞かれ…


ついには…



「いっぺん私としてみるか!?



とまで言われました…



しかし…


私はアナタを抱くつもりはないって~!!



サークル仲間で以前から知ってる友達だし、

人妻だし、ダンナも知ってるし…

そんなリスクは冒せません…


彼女とえっちすることは永遠にないだろな~


しかしまぁ、他のメンバーも大勢いる中で、

こんなぶっちゃけ下ネタトークをしちゃった…


お酒が入ると、エロトークが盛り上がるよね(笑)



ホントは私のブログを読んでる人たちと、

いっぺんオフ会を開いてみたいな~

…とか思ってるんだけどね♪♪



 《終わり》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

女子大生の初コスプレ 1

今回は、待望のコスプレものの体験談です☆

今回主人公となる彼女は、まだ19歳の女子大生。

彼女は最近、処女を喪失したばかりで、

まだ1回しか経験がない…。

私以外の男性経験は1人だけだった。


しかしそんな彼女も好奇心旺盛な年頃で、

色んな経験をしてみたい…

気持ちいいえっちをしてみたい…

いっぱい責められてみたい…

そんな願望があった☆


そんな彼女とやり取りをしてると、

よく彼女が言うセリフがあった。


「ご奉仕します!」


まだ未熟で自信はないけど、頑張ります…!!

彼女なりの意志表示なのだろうが、妙に印象に残った。


てか、このセリフってもしかしてメイド好き…?

ひょっとしてメイドになってみたいんじゃ…?


…と思って聞いてみたら、やっぱり彼女も興味はあったらしく、

友達と一緒にメイド喫茶にいったこともあると言う…♪


それじゃあ…メイドさんになってみる~!?

初めてのコスプレに挑戦してみる~!?

こんなやり取りを経て、彼女にメイドコスしてもらうことになりました…



そしてメイドと言えば、ニーソックスだが、

彼女はニーソックスを持っていなかった。

じゃあ、似合いそうなニーソックスを買っちゃえ~♪

一緒に買い物に行き、ニーソックスを3種類プレゼント☆

ホントは彼女も欲しかったらしく、大変喜んでくれました~



そしてラブホに行き、さっそくお着替え~!!

…と思ったけど、その前に…

一緒にお風呂に入ろっか


実はこのホテル、お風呂にソープマットがおいてあるのです…♪

色んな経験をしたいという彼女のため、このホテルを選んだのです☆

お約束の洗いっこをした後、マットプレイしちゃいます…


彼女がマットの上に横になり、ローションを手に取って

彼女の全身に塗りつける…

ローションのぬるぬる感が、彼女に未知の刺激と快感を与える…


「うぅ~…あぁ~…


まだ処女同然の彼女は、男とお風呂に入るのはもちろんのこと、

こんなぬるぬるプレイなんて初めて…

私もこれがやりたかった~♪

未経験で若い彼女のカラダをぬるぬるにして触りまくるなんて…

これは興奮する~

全身濡れてる2人のカラダが重なり合い、マットの上ですべりながら

トロトロに絡み合う…。

そしてそのままえっちに突入…☆

始めからお風呂でSEXするつもりだったので、

事前にちゃんと風呂場にゴムを置いといた♪

彼女にとって初めてのお風呂えっち…


ぬるっ、ぬるっ、ぬるっ…

マットで滑り、ギュッギュッと音を立てながら絡み合う2人のカラダ…


「うぅっ…あぁっ…


唸るような声をあげ、私に突かれる彼女…

まだ絶頂を知るには経験が浅いが、このシチュエーションに興奮してる…

抱きあった対面座位から体位を変え、彼女が腕を後ろにつく姿勢に…

ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ…


合体したまま湯船につかり、彼女の足腰を浮かして水中正常位…

最後には湯船の中で立ちバック…

お尻を強くつかみ、パンパンパンと激しく突く…


「よ~し、そろそろイクぞ!!イッて下さいは…!?


「イッて…イッて下さい…



どっくん…


彼女にとって初体験となるお風呂えっちを堪能した…

しかし…風呂場のドアのすきまから風が入り、

少し寒かったのは計算外でした…


まずは一発目、終了~♪

しかしもちろんコレで終わりじゃない…

ここからがメインです♪


そう…、お待ちかねのメイドコスのお時間です


《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

女子大生の初コスプレ 2

前回までの日記はこちら
⇒女子大生の初コスプレ 1


彼女に着替えてもらって、ついにお待ちかね…

メイドさんの出番です☆

おぉっ、コレが彼女の初めてのコスプレ…


F1110005.jpg
F1110006.jpg
F1110008.jpg


うん、似合ってます♪

可愛いです


そしてこのためにニーソックスを3種類用意した☆

黒のレース、白のレース、黒のリボン付き…。


それじゃ、全部試してみようよ~♪

彼女も楽しそうに着替えてます。

ニーソックス3種類のバージョンを試してもらいました~

F1110002.jpg
F1110003.jpg
F1110009.jpg
F1110012.jpg
F1110014.jpg
F1110017.jpg





う~ん、ぶっちゃけどれもいい~

スレンダーで背の高い彼女はどれも似合う…♪

じゃあ、このメイド姿で楽しもっかな~


「ご主人様、ご奉仕させていただきます…」


彼女のご奉仕の時間が始まった…

ベッドに腰掛けた私に、床で膝をついて…ご挨拶♪

そしてつま先からペロペロと舐めあげ、徐々に下から上へと移動させる…

いい感じに気持ちよく癒されたところでゴロンと横になり、

上に四つん這いになった彼女の舌が私のカラダを這う…

なんと心地よく、なんという優越感~♪

気分はすっかりご主人さま…☆


よしよし、それではご褒美に…


私が上になって攻守交替…


ところが……


何だか様子がおかしい…


私のチンコがヒリヒリして痛いのだ…


ギンギンに固くなってるのに…挿入しようとすると、

痛くて入らない…

こんなことは初めてだ…

どうやら先程のお風呂でのプレイが激しかったせいか…?

チンコがこすれて痛くなったのだろうか…?


色々試したけれど、結局この日は続行不可能だった…

チンコはギンギンなのに、なんとも残念~!!


次の日見たら、なんとチンコにかさぶたが出来てた…。

どうりで痛かったわけだ…(笑)


私としても悔しかったが、彼女にも申し訳ない…

せっかくコスプレしたくれたのに…

結局、その日はまったりしてイチャイチャしたり、

ベッドで話したりしながら時間を過ごした。


その日はそれで終わったが、

また今度しようね…と約束して


このままじゃ終われない…

ぜひリベンジしてやるのだ…!!


ちんこのかさぶたも治ったしね☆(笑)


そして…再び彼女に会う日がやってきた…



 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

女子大生の初コスプレ 3

前回までの日記はこちら
⇒女子大生の初コスプレ 1
⇒女子大生の初コスプレ 2


前回のメイドは中途半端に終わった…。

私としては残念な結果だったのだが、

それでも彼女はとても楽しんでくれたようだ…


実は彼女…自分に全然自信がないタイプで、

落ち込みやすく、マイナス思考で、時々鬱になるんだとか…

しかし、私と会って楽しめた事で、

「鬱が晴れました

と元気になってくれたのだ☆


私と出会ったことが、彼女にとってもプラスになるなら

こんなにうれしい事はない…♪

彼女の念願だったニーソックスも、メイドコスも、大変喜んでくれた…


そんな彼女からは、よく愚痴や悩み相談を受けた。

友人関係のこと、家族のこと…

そしてえっちに関する事…


彼女は初えっちの時、痛くて涙を流したそうだ。

なかなか感じることができなかった…

えっちで気持ちよくなってみたい…

私も女として感じたい…

そうすれば男性にも喜んでもらえる…

早く感じるようになって、喜ばせて、

男を興奮させる女になりたい…

それが彼女の願望☆


そしてさらに…

彼女の家はかなり厳しいんだとか。

派手な服装やセクシーな服を禁じられているらしい…。

私だってミニスカや可愛い服を着たい…

これも彼女の願望だった☆


もっと彼女に自信をつけさせ、彼女の魅力を引き出してやりたい…

似合いそうな服をアドバイスしたり、

一緒にウインドーショッピングをしてみた♪


実はメイドコスもその一環だった☆

彼女の自信につけてもらい、魅力的になってもらうため…

あえてブログに写真を載せたのも、

「こんな私の画像で世の男性が喜んでくれるなら…」

と言う彼女に自信をつけさせたくて☆

以前…mixiに彼女の画像をアップした時は、

反響が大きく、評判もよかった。

彼女自身も、私の日記に自分の写真が載ってるのと、

たくさんの人達の反応を見てニヤニヤしてたらしい…


私は女の子を楽しませたいのだ♪

私と会うことを楽しみにしててほしいし…

私とのえっちも楽しんでほしい…

そのために女の子のしてみたいこと、希望を聞いて、

出来る限り願望を叶えてやる…



そして再び、彼女とデートする日がきた。

私とまた会うのを楽しみにしてくれたようだ

車で迎えに行き、お昼を一緒に食べた。

そして、ホテルに向かう…☆


交互にシャワーを浴び、ベッドに向かった。

前回の反省から、お風呂えっちはやめといた…(笑)

今回は彼女にある衣装を持参してもらっていた。

そして彼女に着替えてもらう…。

また彼女には綺麗になってもらおう…


彼女が着替えたその姿とは…



なんと…




体操着です!!




彼女が高校生のころ実際に使ってたモノです♪


実はコレ…

彼女とやり取りしてる時、

今度は犯すようにプレイしよっか~って話になった

だったら脱がしやすく、もう使わない服装として…

体操着があるよ~なんて彼女が提案したのだ♪


体操着なら乱暴にされても構わないし、

これはコレでコスプレとして楽しめる…

…と言うわけで今回のプレイは、

「レイプごっこ」


体操着でベッドの上に座る彼女。

そこへシャワーを終えた私が襲い掛かる…!!


「うぉぉ~っ!!


ベッドにダイビングし、彼女を押し倒す…


しかし…


彼女の反応は…



「ぷっ…(#^.^#) くくっ…ダメだぁ~…(^◇^)


と、笑い出しちゃいました…


ありゃりゃ…


どうやらまだ照れが残ってたようで…


う~ん、なりきってのイメプレは向いてなかったかな~?


そんなら仕方ない…


そのまま責めてやるだけさ!!


体操着の上から彼女のカラダを愛撫した…


 
 《続く》


ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
プロフィール

飛藤 健

名前:飛藤 健 (ひとうけん)
住まい:名古屋近辺
年齢:30代
身長:170ぐらい
職業:会社員
趣味:カラオケ・マンガ
特技:楽しませること・気持ちよくさせること

⇒詳しいプロフィールはこちら

最新日記一覧
カテゴリ
全ての日記一覧
アクセス数

見に来てくれてありがとー☆

人目の訪問者です

ブログランキング

ブログランキング参加してます
ポチッとクリックお願いします☆

       ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

飛藤健へのメールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。